上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Julie with the Wild Ones(綴りはこれで合ってるか?)の、
渚でシャララ」。
シングルが2月10日発売でございますね。

どうもこれは……
私としてはビミョウな。

ワイルドワンズってのが、そもそもよく知らないし。
加瀬邦彦さん作曲のジュリー曲は
いいのがたくさんあって、好きなんですけどね。

で、お昼の番組(ひるおび)のエンディングで、
1月中かかるってんで、こないだ聴いてみたんですよ。
ほんの数十秒だけなんで、なんとも言いようがないんですが、
ないんですがね……

「♪なっぎっさっで、シャ~ララッ♪
 ♪ふったっりっで、シャ~ララッ♪」
って……

ちょと、あたしゃあ膝がカックンてなるような……
あいやいや全部聴いたらいいのかもジュリーのビジュアル込みで聴いたらいいのかも加瀬さんプロデュースの頃のジュリーだっていろいろとおポンチなことを(あ、いやその)画期的なことをやらされ(あ、いやいやそのあの)一緒にやってきてお茶の間の話題をさらって大人気だったんだし今回も先々いい方向にいくってことなのかもかもかも……


と、いろいろと葛藤しておる今日この頃で、
CDも買ったものかどうか
すんごく悩んでおったんですけどね、
でも、昨日、加瀬邦彦さんのブログを読んでて、

こりゃやっぱ、ファンなら買うしかないかっ!

と、アマゾンでポチリました。
「加瀬さん×ジュリー」のカップリングに一票
ってことですよっ!
がんばれ加瀬さん(そこかよ)

ついでに3月発売のアルバムもポチッとな。

そのまたついでに、かねてから欲しかった
ショーケンのDVDもポチッと……

↓これ

’84 THANK YOU MY DEAR FRIENDS LIVE [DVD]

渚でシャララ」は、発売前なんでまだですが、
ショーケンのは今日届きました。早っ

で、今日はずーーーっと、このDVDかけまくり。
観まくり聴きまくり。

買ってよかった。
ショーケンかっこよすぎ。はうあ。


あたしゃあ、この30代半ばから40歳くらいの頃の
ショーケンが一番好きでございます。
なんてきれいな顔をした男なんだろうって思う。

あ、ジュリーもきれいな顔をしてますがね(特に若ジュリー)
ジュリーの場合、「きれいな顔をした」なんですよ。
「男」じゃない。
私にとってってことですが。
ジュリーはもはや「男」とか「女」とか関係なく、
「きれいな顔した人」。
でも、ショーケンはどう見ても「男」だ。
そんでもって「きれいな顔」
ま、私の好みの顔だってことなんですけどね。

それと、ちょっとした仕草とか表情とかが、
いちいちうわあああっていうか、
ひゃあああああっていうかね。
そんな感じなんですよ。
わかりますか? わかりませんね。
でもそうとしか言えない。

好きです付き合ってください。

いきなり34歳ショーケンに脳内で告白してますが、
でも、現実に考えて、こんな人が身近にいなくてよかった。
(現実にはないから心配すんな)
絶対身の破滅だ。
破滅してもいいしな。うひゃあ



しかしね……
前回のエントリで書いたように、
うちは今、給湯器交換のために緊縮財政のはず。
なのに、昨日は本屋に行って、
漫画を買い込むわ、
アマゾンであれこれポチポチするわ……
冷静に考えると

なにやってんだ、私

って状態ですね。ホントになにやってんだ。
大丈夫なのか? 大丈夫じゃないかもしれない。うわ

私の中には、常に
経済観念バリバリの主婦であるお母さんと、
給料袋持ったまま飲みに行っちゃうような放蕩親父とが
同居してましてね、
お金のことになると、
心の中の天使と悪魔よろしく、
二人で諍いが絶えません。

「あ、あんた、それは給湯器のために貯めてたお金…」
「ちょっとくらいいいじゃねえか」
「そんなこと言って、ショーケンのライブ代だって、
 こないだも持ってったじゃないの」

「固えこと言うなよ。ライブは今じゃなきゃ行けないんだぜ」
「そんな風に使ってたら、
 いつまでたっても給湯器が新しくできないじゃない」

「そんなん新しくなくたっていいじゃねえか」
「そんな……子供たちだって、手にアカギレが……」
「今は贅沢過ぎるんだよ。アカギレぐれえ作っとけ!」
「あんたのそのCDやらDVDやらは贅沢じゃないっての?」
「お……、おう!
 これは、俺のイメージリングに必要なもんなんだよっ」

「なにいい加減なこと言ってんだよっ!
 そのイメージリングてもんは、
 お腹がいっぱいになるもんなのかい?」

「う、う、うるせえ、うるせええっ!
 女子供にゃわからねえんだよ!
 ショーケンライブでも限定CD発売だってえし、パーッといくゼエ!」

「ああっ! あんた、それは子供の学校の集金袋!」
「俺の稼いだ金だ、なにに使おうが文句あっかーー!」
「あーれ~~」

こんな感じ。
たいがい親父のほうが勝つ。ダメじゃん。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
お久しぶりです~
ああ~~ショーケンにシャララしちゃってるぅーーー!も~~~。
そんなことシャララ、ダメよぉ~。
ジュリーにシャララしちゃうわよー。

えーーあけましておめでとうございます。
突然ですが、栗本薫さんについて書くっておっしゃってませんでした?
楽しみにしてましたのにぃ~昨年中にはなかったですよね?
是非、ひとつシャララと。
では、シャララ~~~。
2010/01/10(Sun) 21:28 | URL  | ひーちゃん #JalddpaA[ 編集]
ひーちゃんさん、お久しぶり~
あけましておめでとうございます。
ジュリーとショーケンの間を揺れ動く浮気者ですが、今年もよろしくです。

だって、ジュリーったら加瀬さんとシャララなんだもの、
ちょっとショーケンにシャララってもいいじゃないか~(笑)

栗本薫さんのことは、いろいろ書きたいと思いつつ、とりあえず「真夜中の天使」と「翼あるもの」と「グイン」の最初の方くらいは読み返してからじゃないとなんともなあ……と思って、本を並べるところまでは去年のうちにやりました。
えーと……今年中にはなんとかなにかを書きたいと思います。
気長にお待ちください~~
2010/01/11(Mon) 01:16 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
24歳のショーケン
24歳のショーケンもいいですよ。そのとき私は人生で最も恥ずかしい季節、中学生。大河ドラマ「勝海舟」の岡田以蔵にみとれ、「傷だらけの天使」に狂い、「くるくるくるり」の再放送で車夫姿(お勧めです)にも惹かれていたのはいまおもうと倒錯的なほどです。
「傷だらけの天使」ペントハウスのロケ場所を探して代々木あたりをうろついた。その頃、東京に高いビルといえば霞が関ビルと京王プラザくらいしかなかったから、ショーケン抜きにしても屋上が特別な場所だった。代々木のマクドナルドでコーヒーをトレーから床に落としてさらに恥ずかしい存在となりました。
25歳のショーケンも追っかけました。「青春の蹉跌」のラストシーンで「えんやーとっと」と言いながらショーケンが雪の中を歩くのを真似して、「えんやーとっと」とつぶやきながら中学校に通った。菊池武夫のビギは高くて買えず似たようなトレンチコートを着てサングラスをかけた世にも恥ずかしい中学生は、その格好で、「雨のアムステルダム」や「アフリカの光」を見に町中にも出かけた。「惚れた」のジャケットを見ると胸が痛みます。

2010/01/14(Thu) 13:20 | URL  | Gagagagirl #-[ 編集]
Gagagagirlさん、いらっしゃいませー
20代ショーケン、もちろん大好きですよ。
マカロニ刑事はリアルタイムで見てました。
「傷だらけの天使」は残念ながら見てないんですが、
写真とかで見て「かっこいいな~」と思ってました。
んで、30~40代ショーケンのことはほとんど知らなかったんで、
最近知って、その大人のかっこよさに今ヤラレてるとこなんですよ。

Gagagagirlさん、「傷天」のころに中学生とは、私と同年でしょうか。
まー、中学生の頃は私も、非常~~~に恥ずかしい日々を過ごしてましたね。
若かったということで、ひとつ(笑)

あ、TwitterでフォローしてくださったGagagagirlさんと同じ方ですよね?
こちらからもフォローしますね。今後ともよろしくです。
2010/01/14(Thu) 20:59 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。