えーーと、まず。
夏コミの申し込み完了しました。
抽選結果は6月だそうです。
はあ、ドキドキ。

でも抽選結果を待たずに「しょーけん×じゅり」の
BL小説は書き始めちゃってるんで、
もし抽選漏れても、いつか本は出すんじゃないかな。
なんらかのカタチで。

しかし……
「やおい小説」書くのがこんなに楽しいとは!
知らなかったよ。
もっと早くに書き始めればよかった。
人生損した感じする。(相変わらず大げさな)

ま、デキはともかく、
自分で書いて自分でニヤニヤするという、
気持ち悪いことになっている今日この頃の私です。
すんません。

勢い余って「FREE WITH PYG」買っちゃったよ。
若い頃のしょーけんとじゅりの声が聴きたくてさ。
あああああ、ええですなあ。
ふたりが一緒に歌っとるよ~~~(涙)


それと、先日審査が下りなくて、
しかもなんだか放置プレイにされたようで、
クサッてたkindleですが、
なんか、プロの漫画家さんが
またひとりkindle出版に乗り出しまして、
それ見てたら、やっぱりうらやましくて、
再挑戦してみました。

今度はタイトルや説明文から、
徹底的に「Japanese」を取り除き、
アマゾンのサイトに表示されるはずのカバー画像も、
英語のタイトルを入れたものにしました。
あと、どうせ作り直しなんだからと、
ノンブルは入れないで、その分画像を大きく、
んでもって、フキダシ内のネームの書体を変えて、
大きめにして、読みやすくしてみました。
kindleDTPのアップロード画面のプレビューでは、
細かい文字はなんとか読めるかなーてな程度。
まあ、これは実際にkindleに表示させてみないと
なんともいえないかと思うんで、
審査が無事通りますように、とお祈りしつつ
返事を待ちます。

しかしさー
今まで私が確認できただけでも、
kindleで日本の漫画は、3冊アップされてて、
文字を画像扱いにした小説も1冊。
同人誌関係の作家さんたちは、
今後kindleに挑戦する人が増えるんじゃないでしょうか。
だって、簡単だもの。(審査さえ通れば)
日本の同人作家たちが続々とkindleにアップして、
英語での対応がおっつかなくなって、
アマゾンが、日本語対応を早めてくれたら
いいんですけどね。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック