上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日のエントリ
サンプルだけでもご覧になって
とか言いましたが、
うちのkindleBookてば、
サンプルは3ページのみ。
表紙と目次と中扉(表紙と同じ絵柄)で
おしまいじゃった!

ああああ

このサンプルって全体のページ数から
何パーセント、とかで決めてんのかな。
するってーと、うちのは32ページだから、
約10パーセント?

本の10分の1が立ち読みできるって、
どうなんでしょう?
多いような気もするんですが、
表紙とか目次とかも含んでるから、
そうでもないのかな。

というわけで、
肝心の漫画の本編がサンプルでは見られないので、
ここで公開。

chapter1「施餓鬼」
kindle中ページ2

chapter2「海のヒミツ」
kindle中ページ3

chapter3「厠神」
kindle中ページ1

クリックでkindleで表示される原寸になります(はず)

こんな感じです。
「施餓鬼」は中身5ページ。
「海のヒミツ」は中身14ページ。
「厠神」は中身7ページ。
それぞれ、ちょっと不思議なお話。

上に載せた「厠神」のサンプルは、
この本の中でネームが一番多くて小さいページです。
う~~~ん……ちょとつらい?
私は読めるんですが、
それは内容をすでに知っているから読めるのかも。
iPhoneじゃあ読めなさそうですね。

興味がありましたら、コチラから。
あ、kindleからアクセスするには、
Kindle Storeで、
For Suffering Spirits」で検索すると出てきます。

今回のkindle出版成功までの
あいかわらずのドタバタは、そのうちまとめます。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
お久しぶり
甲府にて脳出血に、無傷で札幌に戻ったaloha1です。オヒサ
おお、e-book。懐かしいけど
今年になって世界の液晶パネル市場覇権狙いから、10年ぶりに電子書籍戦争になってる。笑
でも、e-book、e-reader、デジタルブックと結局、Flashなどの
共通化されたフォーマットで、高速端末で動作するソフトがまた勝つような気もする・・・かな。

でもやってみると、提供したい側と読みたい側で温度差もあるよね。
読みたいがわってのは、出版社のフィルターを通った、プロの作品じゃなくてもいいのに、提供したい側ってのは、プロを想定するから一歩が遅いかも。
どこぞへ話を持っていっても、そこで躊躇されたり。でも、ネットってのは、プロの排除があるから面白いのに。
つまり、勝手に○○家というのが成り立つのがネットだよねえ。
と、ツイッター風。
長靴猫のaloha1
2010/02/17(Wed) 03:47 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
aloha1さん、お久しぶりです
ご病気だったんですか?
脳出血でも無傷とは……?
お身体お大事になさってください。

>10年ぶりに電子書籍戦争になってる。
ええ、そうなんですよ。
電子書籍の覇権争いなんて、もうとっくに終わったんだと思っていましたが、再燃のようです。
今のところ、kindle vs iPadという図式のようですが、どうなりますかねえ。
本来別物のはずのコンテンツとデバイスの勢力争いが一緒くたに論じられている部分が、歯がゆいです。
2010/02/17(Wed) 18:59 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。