上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八間町マーケット

この絵は、実は私の母が描いたものです。
母は水彩画を描く人です。
もう絶版になってますが、
父の本『ふる里つるおか飲み屋ばなし』の
カバーに使われています。



この絵は、今はもうない、八間町マーケットを
大泉橋の上から昭和橋に向かって見たところです。
川は鶴岡市内を流れる内川という川です。

トタンを貼り付けた小さなバラック建ての家が、
ホントに川に乗り出すようにして並んでいます。
この並んでいる建物の向こう側が細い路地になっていて、
「八間町マーケット」と呼ばれる、市場のような通りでした。
本当に狭い細い路地で、両側のお店の軒が接して
アーケードのようになっていました。
お店は、魚屋、八百屋、種苗店、雑貨屋、カケハギ屋……などなど。
真ん中あたりには公衆便所。
(ということは、各家にはトイレがなかったんですね)
そして、その路地から川と反対の方向には
入り組んだ細い路地がさらに伸びていて、
そこには小さな飲み屋がぎっしりと並んでいたはずです。

当時子供だった私には、足を踏み入れてはいけない場所であり、
その入り組んだ路地の奥がどうなっていたのかはわかりません。
ましてや、そこの夜の様子など知ることはありませんでした。
(父は毎晩のように飲み歩いていたようですけどね)

でも、母に連れられてマーケットに買い物に行くと、
そっち側の路地では
派手な服を着た女の人が眠そうな顔をしてタバコを吸っていたり、
開店前のお店の開け放されたドアの中が見えたりと、
ほんの少し、あっちの世界を見ることはできました。
もう、西原理恵子漫画「ぼくんち」の世界です。たぶん。

「あっちの世界には行ってはいけないよ」という
母の有言無言のプレッシャーをもっともだと受け止めつつも、
その世界になんともいえない魅力を感じていた子供の私でした。

今はもう、トタン張りの傾いた建物はすっかり取り壊されて、
川沿いにひらけた明るい遊歩道になり、
狭い暗い路地はどこにもありません。
立ち並ぶお店も間口が大きく、建物も立派できれいになりました。
そこで商売をしている人々、毎日を暮らす人たちにとっては、
便利で清潔で、今の方がずっといいのだということはわかっています。
でも、鶴岡を離れてしまった者の勝手な郷愁から
勝手なことを言わせていただければ、
あの、細い暗い路地の奥にあったものを
なくしてしまわないでほしかったと思うのです。

結局踏み込んだことのない、あの細い路地の奥は、
今でもときどき夢に見ます。
実際は知らない街なので、夢の中のそれは、
お芝居の書割のように、薄っぺらです。
いや、実際も、子供だった昔に感じていたように、
どこまでも続いているような深い深い奥底などなく、
本当に薄っぺらな街だったのかもしれません。

でも、そんな薄っぺらな世界の住人になっていたら、
私はどうだっただろう。
今はもうない、暗い狭い路地の奥に、
安っぽい派手な服を着て立って、タバコを吸ってため息をついたり、
同僚のホステスと喧嘩をして泣いたり笑ったりしていただろうか。
「本当は東京に行きたかったんだ、
 デザインの仕事なんかしたかったなあ」なんて、
馴染みの客相手に言っていただろうか。

今さら鶴岡に帰って暮らしたいとは思わないけれど、
行ったことのないあの路地の奥には帰りたいと、
ときどきぼんやり想う。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
今でも鶴岡に帰ってくることって、あるんですか?
(あ、前とは名前変えました。酒田のものです)
2010/04/16(Fri) 21:07 | URL  | やったぜgk #-[ 編集]
やったぜgk さま、こんばんは
仕事の都合もあって、最近はあまり帰りませんね。
年に1回帰るかどうかってとこです。それも1泊とか。

> (あ、前とは名前変えました。酒田のものです)
個人出版の方はどんな感じですか?
がんばってくださいね。
2010/04/16(Fri) 22:45 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
お疲れ様です。

今日その存在を知ったのですが、私のやろうとしていることは「ホンニナル出版」とダダかぶりでした^^;

ただ値段はたぶんあっちの3分の1くらいでできます。ヘタすると5分の1かな。(もちろんすべて国産)

そこまで安くできれば、みんな遊び感覚でガンガン本作ってくれるようにならないかなあ、なんて思ってみたり。
2010/04/16(Fri) 23:16 | URL  | やったぜgk #-[ 編集]
やったぜgk さま、こんにちは
「ホンニナル出版」
オンデマンドの出版サービスでしたっけ?
そうですね、あそこはちょっとお高いですよねえ。
3分の1ですかー、魅力的かもしれませんね。
2010/04/17(Sat) 15:18 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。