上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

23日、第十回文学フリマ、無事終了しました。

【稀人舎】のブースにお立ち寄りくださった方、
本を買ってくださった方、
本当にありがとうございました。

今回は、文学フリマ参加6回目にして、
初体験なことがありました。

当日のエントリでも取り急ぎ書きましたが、
当【稀人舎】の同人誌「稀人舎通信」は、
なんと! 

ほぼ完売!!

ああ、びっくり。

「ほぼ」というのはですね。
私が最初、持ち込んだのは、
新刊「稀人舎通信・5号」は、70部、
「4号」は、3部、
「3号」は、5部、
「2号」は、3部、
でした。

結果、
「5号」75部
「4号」9部、
「3号」9部、
「2号」2部、
「未入籍別居婚」5部。

おや? なんと持ち込んだ分よりも売れてます。

えーとですね、
11時会場で、お昼までの1時間ほどの間に、
「5号」30部近く、
「4号」「3号」は、なくなっちまったよ、おい、
という状態に。
そしたら、店番してくれてた金井さんが
「研究室にまだあるから、取ってくる!」
と、なんとも素早い対応で、早稲田まで往復して、
「4号」「3号」とも7部ずつ持ってきてくれたのです。
最終的には、「4号」1部、「3号」3部が残ったってことですね。
「2号」は、1部残り。

ありがとう! 金井さん!

んでもって、「5号」もどんどこ売れていき、
終了1時間前、3時過ぎには70部完売!
やたーー!
しかし、まだまだお客さんは来る。
そんじゃあってんで、
月澤さんが、朝の時点で著者分として渡していた中から
5部を出してくださいました。

あああ、ありがとうありがとう。

で、その5部も綺麗になくなりました。
最後の1部は、「終了!」のアナウンスと共に売れていきました。

というわけで「ほぼ」完売。
金井さんが追加で持ってくださった
「4号」「3号」がちょびっとずつ残ったわけですが、
私が最初に持ってった分は売れた勘定です。
あと、「未入籍別居婚」も5部売れました。
千円の単行本なのに、5部。すごいと思う。

ああ、びっくりした。

だってね、前回までは、
新刊が、売れてせいぜい30部だったんだよ。
既刊本なんか、1部ずつとかさ。
「未入籍別居婚」も1部とか2部とか。
そんなもんだったんです。
今回「5号」を70部持ち込んだのだって、
ちょうどいい箱がなくてさ(オイ
えーい、まとめて送っちゃえ!ってので、
70部だったんだもの。
「ほとんど送り返すことになるんだろうなあ」
って、思いながら荷造りしたんですが、
会場から送り返したのは、ほとんど「ゴミ」でした。

今回の「5号」の特集が、
「男の子たちはナニを読んできたのか」
ってので、それがアピールしたんだろうってのと、
ブースにA3版のパネル立てて、
それには

「中二男子はこれを読め!」

っていうアオリ文句を入れたんですね。
この「中二」ってのが目を引いたんじゃ、
ってのがメンバーたちの推測でしたが、
バックナンバーも一緒に売れていったのが、
へえ~って感じでしたね。
勢いってあるんだなあ、と。

で、
もしかして【稀人舎】キテル? ブレーク?
どどどどうする?

なんつって舞い上がりつつ帰ってきて翌日の月曜日、
twitterで、他のサークルさん達の報告やらなんやらを
見ていたら、よその完売サークルさんは、
250部!とか(しかも値段が1800円!)、
単行本が130部!とか、
電子書籍部では、1400とかとか!!

ああああああ、すみませんすみません。
別に【稀人舎】がキテたわけじゃないですね。
言ってみれば文学フリマがキテたんです。
普通に100部200部を完売する力のあるサークルが
たくさん参加するようになって、
それらの実力派サークルさん達のおかげで、
お客さんがたくさん来てくださり、
【稀人舎】も、そのおこぼれにあずかったと、
こういうことなんですよね。
それがわかって、ちょびっとしょんぼりもしましたが、
でも、そんな人気のイベントに参加できて、
そのおこぼれにでもあずかることができるということは、
本当にありがたいことだと思います。
ありがとうございます。
次回も抽選にしないで希望者はみんな出店できるようにと、
事務局の方も考えてくださっているようですし、
【稀人舎】も実力派サークルの仲間入りができるように、
なんとかがんばって、参加し続けていきたいと思います。
継続は力なり、でもありますし。


しかしね……
よそに比べれば全然大したことのない
売り部数だったとはいえ、
今までの3倍以上の部数が売れた今回の文学フリマ、
はっきり言って、忙しかったです!
いや、即売会で忙しいってのは嬉しいことなんですけどね。
いつもは、開場の11時から終了の4時まで、
半分くらいの間はブースに座り込んで、
ぼけーっとしたりおしゃべりしたり、
んでもって、あとの半分は会場内を回って本を物色し、
お昼もゆっくり食べて……
とかしてるんですが、
なんか、そんな暇ない!
ブースの前にはほぼ常にお客さんが!
まあ、店番は交代でやったんで、
少しは他のブースも見て回ったりもしたんですが、
なんか気になっちゃうもんで、のんびりしていられない。
私を訪ねて来てくれる人もちらほらいるし。
う~~ん、そう考えると、
200部以上とか売れてるところって、
もうもう、もんのすごい忙しさなんだろうなあ、と、
そんなことを思ったりもしました。
みなさん、本当にお疲れさまでした。

次回の文学フリマは、12月5日の予定だそうです。
【稀人舎】も、また新刊「稀人舎通信・6号」を作って、
参加したいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

「6号」の特集は、

「萌え」または「腐女子」です!

乞う御期待!!


http://d.hatena.ne.jp/jugoya/20100523
↑こちらのトラックバックでもいろんな方達が
今回の文学フリマの感想を書いてます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
ほんとにお疲れ様でした~。

完売おめでとう!

今回、すごくエキサイティングでしたね。

また12月もがんばらなくちゃ!

ところで、「未入籍別居婚」がツタヤONLINEで買えるみたいなんですけど、知ってました?
2010/05/27(Thu) 01:10 | URL  | 月澤黎 #-[ 編集]
月澤さんもお疲れさまでした
23日はどうもありがとうね。
なんだか今までとはいろいろ変わってきた文学フリマでしたね。
次回もこの勢いでいけるように、いい本を作りたいものです。

ツタヤオンライン、見ました。
販売用のページはできてるけど、「在庫なし」になってて購入ボタンは表示されてませんね。
たぶん、日本書籍協会かアマゾンのデータベースから情報を自動で取得してるんだと思いますが、取り扱ってもらえるにはどうしたらいいのか……
うーーーん、ちょっと調べてみますが時間かかるかも。
2010/05/27(Thu) 10:21 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
お世話になりました
雨にも関わらず
稀人舎のブース周辺も
会場全体の雰囲気も、
熱~い気配が満ちてましたよね!
参加させて頂いて光栄&感激でした。

萌え…腐女子…楽しみだ♪

2010/05/30(Sun) 01:26 | URL  | 恵 #-[ 編集]
恵さん、こちらこそー
お世話になりました。

すごい盛り上がりでしたねえ。
閉会時間になってもお客さんがいっぱいだったし。
4時ちょうどに最後の1冊が売れたのは感激でした。

次号でもご協力期待してます!
よろしくー
2010/05/30(Sun) 17:07 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。