上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

13日の金曜日、
ビッグサイト行ってきました。
初のサークル参加です。

夏のコミケは地獄だ。
熱中症で死なないように頑張れ。
自分を冷やすための保冷剤も持っていけ。
などなど、おっかない助言を諸先輩方に
さまざまいただきましたが、
13日は若干曇っていたせいか、
うちのスペースが出入り口の比較的近くで、
風も時折入る位置だったせいか、
恐れていたほどのことはありませんでした。
飲み物も会場のいたるところで売ってましたしね。
重い思いしてうちから持ってかなくともよかったみたい。

スペースはこんな↓
サークルスペース

はい、往生際悪くサークル名は「稀人舎」じゃないんです。
ま、一応「生モノ」「18禁」なのでね。
でも、一緒に「稀人舎通信」も売っちゃったという……
ちょうど売れ残っている3号には
「ジュリーをネタに萌え談義」が載ってるから。
「昔からのジュリーファンなんですか?」の
質問をしてくださったお客さんには
「ここに、私がジュリに堕ちた経緯が載ってます!」と
押し付け。
まあ、でもお買い上げくださったのは、
半分が知り合い。
他はほとんど「カタログ見て…」
でも、コミケってそんなもんかもな。
なんせサークル数が多過ぎて、
フラッと見て回って気になったものを買うってのが
なかなかできない。
全部なんて見られないもんな。
私が買ったのは、
カタログで見て気になってた、
及川ミッチーの本(相棒もの)と、藤井兄弟ものと、
聖飢魔iiもの。
衝動買いしたのは、筋肉少女帯のやつ。
あとは、知り合いが売り子してたサークルのもの。

実は、今日(14日)も知り合いのサークルを訪ねて、
今度は一般参加で午後から行ってきたんですが、
そこでひとつ、漱石の「こゝろ」の二次創作漫画も衝動買い。
うーーむ、近代文学で「萌え」いけるかも。

……結構買ってるな。
前回の一般で参加した冬コミは全然買わなかったのに、
なんか、自分も参加してると買っちゃう不思議。
当然のことながら、自分とこの売り上げよりも
購入額の方が大きいという。
まあそんなもんさ、ほほほほほ。

そんなこんなで、コミケ自体はまだ明日まで続きますが、
私としては、これで終了。

ああ、楽しかった。

一緒に本を作ってくれたメンバーも楽しかったと言ってくれたので、
調子に乗って、次回の冬コミも申し込むことに。
また、同じジャンルの同じネタの予定です。
ま、メンバーがメンバーだからね。


で、私の夏の最大イベントが終わったぜ、
しばらくは死んでてもいいでしょうか……
なんて思ってたら、なんと!

第十一回文学フリマの申し込みのお知らせ、きたー!

私は一体どこに行こうとしているんだろう??
とか振り返る暇もなく、次のことですよ。
だいじょうぶか?

まあいいや、突っ走れるだけ突っ走ろうと思います。(自棄)

ぜえぜえ。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
ゆうさんなら
編集に、MacとInDesignを使っているでしょう?
出力をePub形式にすれば、それで、iTunesにもっていって、iBooksに陳列できますよ。だからなにか特別なことは無いような気が。あはは。

そういえば、ハングルがわかったら、韓流向けにだしてもいいかも。笑
世界の中心は君だって映画。あれ、世界の中心で愛を叫ぶのリメイクですもんね。女優さんは良かったけど。
2010/08/15(Sun) 15:20 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
オムニバス@ラブ
http://p.booklog.jp/book/7150
新しい切り口を考えました。
借り暮らしのアリエティみたいけど。みたら創作できなくなるのが悩みです。
2010/08/18(Wed) 10:37 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
aloha1さん、こんにちは
ePub形式は、まだ縦書きにもルビにも対応していないので、なかなか難しいらしいですよ。
今のところ、うちから電子書籍を出すならPDFかなあと考えています。
まだまだ様子見ってところですかね。

パブーは気軽にいろいろと試せるところがいいですね。
2010/08/21(Sat) 12:31 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
おいらにもあったジュリ萌え
急に思い出しました。
ゆうさんのジュリ萌えを読みながらなんか喉につかえていたこと。

ジュリーが、竹久夢二の生涯を演じた映画があった。題名は忘れたけど。「夢二」だったかなー。

ものすごい色気があって。
困った映画ですな。

竹久夢二・林静一ファンの私にはノックアウトもの。
2010/08/22(Sun) 09:07 | URL  | aloha1 #-[ 編集]
aloha1さん、こんにちは
「夢二」は、私は上映当時に観ましたよ。
当時はジュリーだからというわけではなく、
鈴木清順監督の「浪漫三部作」の最後だっていうんで、観にいきました。
あらジュリーも年取ったなあなんて、全然ファンじゃなかった当時は思いました。
とてもキレイで凝った映像の映画でしたね。
2010/08/23(Mon) 20:57 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。