「インストール」文庫



「蹴りたい背中」は芥川賞を取ってすぐに読んだ。
一緒に話題になったもうひとりの女の子の(ど忘れ)やつより
おもしろかった。



このデビュー作っつうのは読んでなくて、
文庫になったし、さらに書き下ろしも入ってると聞いて
買ってみましたよ。

おもしろかったよ。
思ってたより情けない話で、よかった。

でも、「思ってたより」なんだよね。
自分の17歳の頃を思い返してみると
こんなにかっこよくなかったなあと。

でも、読んだ人に、自分が17歳の頃のことを
思い出させている時点で、
この小説は、いい作品なんだろうなあと思う。

書き下ろしも、同じ意味で、いい作品だ。
しかも、こっちは主人公の情けなさが、いいっ!
ど忘れしてたもうひとつの受賞作(直木賞だったっけか?

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメント削除させていただきました
すみません。
どう考えても記事に関係のないコメントだったので、
ここにつけられていたコメントを
削除させていただきました。

ご自分のブログの宣伝もかまわないのですが、
ちょっとは記事に関係のある話題をお願いしますね……
2005/12/18(Sun) 13:23 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック