6月12日の文学フリマ
「ブース取得のお知らせ・参加費入金案内」も
無事に届き、参加費もさっそく入金しました。

さて、じゃあ【稀人舎通信】作りましょうかね、
ってことで、座談会の準備も進んでいます。

今回のお題は「親子」。
座談会では、いつものメンバーが、
それぞれ「親子」に関連した映画や小説・漫画を
持ち寄って、それについてアレコレ語るという
企画にしました。

いつものメンバーとは
金井景子さん
川口晴美さん
山口恵さん
月澤黎さん
小宮山
の5人。
もしかしたら飛び入りゲストが1~2人あるかも。
少し若い人の話も聞きたい気もしてるんですけどね。

で、それぞれが取り上げる作品も出揃いましたので、
数回に分けてご紹介します。
まずは、金井景子さんからの作品リスト。

1、ヤン・ヨンヒ監督『ディア・ピョンヤン

2、佐藤真監督『花子

3、森茉莉『甘い蜜の部屋

4、林芙美子『水仙』
  (晩菊・水仙・白鷺 (講談社文芸文庫)所収)

5、村田紀代子『蕨野行

以上の5点です。
私はどれも未見、未読……。
「1」と「2」は、ドキュメンタリー映画だそうです。
骨太そうだなあ。
どんなお話が聞けるのか楽しみ。
時間が許す限り、座談会までに観たり読んだりしたいですが、
読まずに素の状態で金井さんのお話を聞くのもいいかも……。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック