7号表紙-0521

6月12日の文学フリマは、
エ-17 へ!




いや……「謎」ってほどのことでもないんですがね。
稀人舎通信SPECIAL6号』が、
おかげさまでアマゾンで
少しずつながらもコンスタントに売れてまして、
今、「3点在庫」になってます。
なのに納入依頼がこない。
こないだは、まだ在庫が4点あったのに依頼きたのに……
なんの違いだろう?

e託販売サービスの納入依頼ってのは、
月曜日朝と木曜日朝にメールで来るんですが、
どーも、この月曜日くんと木曜日くんが、
違うことを考えてるんじゃないかと
私には思えてならない。
月曜日くんから依頼されて納入したばっかりで、
しかもそれから注文がきてないのに、
木曜日くんがまた依頼してきたり。
それも少部数ずつ(かんべんして……)。
なんかね、
月曜日くんは、在庫を持つことに厳しくて、
「まだ3部在庫あるし、
 この商品は1週間に3部以上売れることなんて稀だから、
 納入依頼はもうちょっと売れてからでもいいだろ」
ってご意見なのに対して、木曜日くんは
「いやいや、3部売れたことあったじゃん。
 売れちゃってからじゃ遅いから、
 納入してもらっちゃおうよ。
 多めに在庫持ってた方が気が楽じゃーん」
とかね。
そんなご意見の違いがあるような気がする。

このe託販売サービスの納入依頼ってのは、
たぶん人が手動でやってるんじゃなくて、
アマゾンのコンピュータさんが、
なんらかのアルゴリズムでもって、
自動的に送ってきてるんだと思うんですが、
そのアルゴリズムってやつが、
月曜日くんと木曜日くんでは
違っちゃってるんじゃないですかねー。
あんたら、同じ業務やってんだから、
もうちょっと連絡とり合ってやったらどうなのさ、
なんて思ったりもしますが、
違う考えの二人(?)を組み合わせることで、
アマゾンさんとしては、
なにか効果を狙ってるのかもしれません。
(んなこたないか)

ともあれ、
次の木曜日の納入依頼はくるのかこないのか、
刮目して待て!
って感じですかね。(大げさ)


アマゾンの『稀人舎通信SPECIAL6号』は
↓こちらから。

稀人舎通信SPECIAL6号

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック