上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は仕事が早い私です。

おとといの文学フリマで販売した
【稀人舎通信7号】をアマゾンに登録完了しました。

7号表紙-0521

稀人舎通信SPECIAL 7号

まだ納入依頼がきてなくて納入してないので、
在庫なしの状態ですが、
この状態でご注文をしていただけると、
納入依頼のときにたくさんの部数を依頼してくれて、
在庫もいっぱい持ってもらえるということのようですので、
文学フリマに来れなかった、買いそびれたという方は、
ぜひともぽちっとお願いします。

「なか見!検索」用のPDFファイルも送りました。
そのうち立ち読みできるようになります。


で、去年は一旦絶版とした【5号】ですが、

5号表紙その2

とあるところにまだたくさん保管されていたのを発見。
買い戻しまして、これもアマゾン販売いたします。
今、登録承認待ち。
数日中にはページができるはずです。
こちらは、文学フリマでは、定価300円で売りましたが、
アマゾンの60%という掛け率では、300円は厳しすぎる。
なので、大変申し訳ないんですが、
アマゾンでは、500円で販売いたします。
ごめんなさい。
文学フリマでは、今後も在庫があるかぎり、
文フリ特別価格ということで300円で売りますので、
文フリに来られる方は
文フリで買っていただいたほうがお得です。
ま、交通費分てことでしょうか……

【5号】もアマゾンにページができたら、
またここでお知らせします。
よろしくです。

しかし、掛け率は厳しいとはいえ、
やはりアマゾンで売ってもらえるのは楽ちん。
【稀人舎通信】に関しては、
「稀人舎」のHPでの販売はやめて、
アマゾンのみの扱いにしようと考え中です。
ああ、サイトを直さなきゃ(これが面倒)

この「アマゾンで売ってもらえるのが楽」という心理は
なんなんだろう、と考えていると、
出版業界の、版元・取次・書店のシステムの有用性ってのが
見えてくるような気がします。
それについてはまた今度ゆっくり。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。