文学フリマが終わって2週間。
なにをしておったかといえば、
なんとまた当選してしまったコミケの準備ですよ。

今回は印刷本を作りますからね、
7月26日には入稿しなきゃですから、
真面目に書いたり描いたりしております。

今回、私が勢いづいて2本、
あと、いつものふたりが1本ずつで、
計4本のイラストノベルが載ります。
あれ、もしかしたら5本かも?
まだ他の方の原稿が上がってませんのでね、
できてのお楽しみ。
コミケに関しては、詳細はここじゃなくて、
twitterで告知します。
もしよろしかったらフォローしてくださいまし。

私はといえば、イラストも描かなきゃなので、
小説の方はいち早く書き終え(偉い!)、
イラストに取り掛かっとります。

↓こんなのとか

地下鉄S&J


↓こんなのとか

ろくでなしくん

あ、この2枚目の「憎みきれないろくでなし」くんは、
うまくペン入れができたら表紙にするかもです。
なかなかいい感じに描けましたのでね。



……でな。
久しぶりに、ジュリーの絵をグリグリと描いていて、
ふとアホなことを考えたんですが、
これから述べてもいいでしょうか。
いいですかいいですね述べますよ。

ジュリーの特徴のひとつに、
左の頬にある「ホクロ」がありますね。
絵を見たときには向かって右側です。
イラストジュリーを描くときもこれをポチっと描くことで、
画竜点睛つうかね、
最終的にこれはただの美少年じゃなく、
「ジュリーですよ」っつう記号的役割もある、
そんな重要なホクロですね。
ジュリーを描くのなら、
このホクロを欠かすわけにはいかないわけです。

それでだ。
この左頬のホクロを目立つように描くためには、
斜め右を向いているポーズを描くのが一番効果的。
つうわけで、ジュリーのイラストを描くときは、
いきおい、右向き=向かって左向きの
顔になることが多いわけです。
上のイラスト2枚もそうですね。
ジュリーのプロマイドとかグラビア写真とかも、
その角度のが多い気がします。

そんで、漫画やイラストを描く人ならわかると思いますが、
一般的に、この「右向き=向かって左向きの顔」てのは、
非常に描きやすい向きなんですよ。
右利きの人が手なりで人の顔を描こうとすると、
自然とこの向きになることが多いと思います。
少なくとも私はそうです。
最初に顔の輪郭を描こうとすると、
向かって左側のおでこの部分から、
目元、ほっぺ、顎、の順で描きます。
もうね、ものごころついた頃から、
人の顔っつったら、その順番でその向きで描いてますから、
もんのすごく描き慣れてるわけです。
で、描き慣れてるってことは、
自分内では一番うまく描ける向きなわけですよ。

で、ジュリーってば、私が一番得意とする顔の向きで
描くしかないって位置に特徴的なホクロがある。
「君の一番得意なポーズで描いてほしいんだ」とか言ってる?
……いや、言ってないと思いますが、
でも、結果的にそうなってる。

上のイラストの1枚目の、左側の人物を見てくださいよ。
ええ、ショーケンのつもりですがね。
ごめんなさいごめんなさい。
こいつは隣のジュリーとは
反対向きの顔になってるわけですが、
ヘンですね……。ちょと歪んでます。
あ、ファンの方々ごめんなさい。
慣れない向きで人の顔を描くと
こんなふうになっちゃうわけです。
(あとで直しとくから怒らないで……)

以前からこのブログでも書いてますが、
70年代の少女漫画には、ジュリーみたいな、
っつうか、ほとんどジュリーな男の子が、
山ほど出てきます。
あの髪型、ベルボトムのジーンズ、ロンドンブーツ、
キラキラの大きな目、女の子みたいにかわいい顔、
フリフリのブラウス、バンドのボーカル、
学園の人気者……と、
みんなジュリーのアイコンてんこ盛りです。
そいつに、ポチっとホクロをつければ、
それはそのまま「ジュリー」です。
でも、ホクロがないからジュリーではない……
そんな少女漫画の漫画家の先生たちも、
絶対に一度は……いや、少なくとも百回は、
ホクロをつけた、得意の左向きのジュリーの顔を
描いてるはずです。

「これが僕の最大のアイコンだから、この向きで僕を描いて」
と言うジュリーのお願いに応えない絵描きがいるでしょうか!
いや、いない!!

というわけで、ジュリーは古今東西、
さまざまなアーティストから、
私のような素人ポンチ絵描きにまで、
その人の中の最高のテクニックで絵にされるという
そんな運命の人であるわけなのです。
うまく絵にできれば、その対象には愛着が湧く。
愛着が沸けば、もっと他にも
絵にできる特徴があるんじゃないかと
いろいろ見たくなる。
見ると、また絵にしたくなる。
もっと好きになる……

無限地獄です。
堕ちてゆくのも幸せです。

絵を描かない人も、
テレビや雑誌のグラビアで生のジュリーを見るだけよりも、
いろんな漫画家さんや絵描きさんたちが描いた、
さまざまに特徴を捉えたジュリーを見るほうが
印象に残るってこともあるんではないでしょうか。
その印象が、自分が生ジュリーから受けた印象と
同じだったら、その漫画やイラストが好きになると同時に、
ジュリーのことも気になる存在になってしまうわけですね。

なんという全方位型、ファン獲得システム。
おそろしやジュリーのホクロ。


……という、そんなジュリーのホクロについての
アホ考察でございました。

すみませんすみません。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
あたしは少女マンガの美少年キャラクターの源泉は、タッジオことビョルン・アンドレセンで、ジュリーも彼のブームに倣ったのではないかとひそかに思っておりましたの。
2011/06/26(Sun) 01:50 | URL  | showken-fun #-[ 編集]
showken-funさん、こんにちは
アンドレセンは、少女漫画の中では耽美系というかシリアスなものの中でモデルにされていたような気がします。
美しいですよねえ。ホントに。
ジュリーは日本人だし、しゃべらすと関西弁だし、結構おちゃらけるしで、キャラとしては二枚目半みたいな感じが多かったかな、と。
なので、ラブコメとかほとんどギャグ漫画とかに登場している美少年キャラは、ジュリーがモデルかなーと思うんですよ。
少女漫画家やファンの中には、アンドレセンとジュリーを比べてどうこうと考えている先生方もいたと思いますが、ジュリー自身はアンドレセンに倣ったということはないんじゃないかなあと思います。
ジュリー本人は自分が美しいということに価値をあまり見出していないタイプだと思うので。
まあ、そんなことは本人にしかわからないことですけどね。
2011/06/26(Sun) 12:06 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
もちろん
ええ、もう、本人じゃなくて、スタッフが。

あの髪型とか。
ジュリーにビョルンを見ていたのではないかと。
あるいは似せたかったと、
そういう妄想です。

あたし、ジュリーはね、自分が美しいということをきっちり自覚して、その上で、そのこと以外にも価値を見出そうとしたというか、美しかったからこそ、そのことに頼るのを良しとしなかったんじゃないか、みたいに思うんですが。まあ何となく。であるから、その後の葛藤もすさまじかったのでは・・・と。
何かと、かっこええです。
2011/06/26(Sun) 19:51 | URL  | showken-fun #-[ 編集]
showken-funさん、こんにちは
自覚というか、自分が美しいと思われてるということは、知ってはいたでしょうけどね。
でも、そのせいで正当に評価されていないって不満があったようにも思います。だから、いろいろと過剰に頑張っちゃったのかなと。
そのじたばた具合を見てると、あんまりかっこよくはないなあと私は思っちゃいますけどね。もうちょっと力を抜けばいいのに、なんて。まあ、そのじたばたしてるのがかっこいいと思うこともあるかもしれませんけどね。
2011/06/27(Mon) 12:33 | URL  | 管理人 #-[ 編集]
にゃるほど
「この顔のせいだー」発言がありましたものね。あたしが知っているのはその程度。

ジュリーのじたばたが格好悪い、に同意する権利を有しない(ウチのバカ息子と言われて、なるほどバカですね、とは・・・)あたしとしましては、表現が難しいんですが・・・なるほどファンの愛というのはそのような格好の悪さへの理解として結実しているのかと感無量。

いつも思うんですが、ゆうさんがそのように深層心理を理解できてしまうというのは・・・何か心理学でも学ばれているのでしょうか。
もしくは、そもそも人の心を感知する能力に長けていらっしゃった?

何かあたし、すごくおしゃべりなんで、嫌がられてるかなあと思いつつ書き込んでしまいますが、どうぞスルーしてくださいねー(汗)
2011/06/29(Wed) 08:21 | URL  | showken-fun #-[ 編集]
showken-funさん、いやその…
別に理解なんぞしてませんよ~。
「こうだったらいいな」という、ファンとしての願望です。
その時の気持ちなんて本人にしかわからないことですし。もしかしたら本人にもよくわかってなくて、忙しい中で流されるままにじたばたしてたのかもしれないですしねえ。なんせ40年以上ですもの。長いなあ。
ファンは遠くからそのありさまを見て、あれこれ妄想するのみです。ま、妄想は自由ですからね。

嫌がってるなんてとんでもない。
こんな過疎ブログにいつも遊びにきてくださって、ありがたいです。
ジュリーやショーケンの話は、リアルではなかなか相手がいませんから、おしゃべり大歓迎です。
2011/06/29(Wed) 15:42 | URL  | 管理人 #Enj21zdQ[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック