すんませんね。
今、私はジュリーのお話考えて、
ジュリーのお話書いて、
ジュリーのイラスト描いて、
そのイラスト描くために、
動画やら写真やら見まくって……
っていう毎日を過ごしているもんで、
頭がジュリーでいっぱいなのですよ。
ジュリー廃人まっしぐらです。

ああ、しあわせ。

で、「悪魔のようなあいつ」の中で、
ジュリー扮する良ちゃんが、
レースのブラウス着てるんですが、
そのイラストが同人誌仲間からリクエストされましたので、
描きました。
何度か描き直して、まあまあ雰囲気出せたかなと思ったので、
ここにアップ。(エロくないから大丈夫……だよね?)

レースのブラウス良ちゃん

描いてるうちに、フリルの描き方思い出しました。
子供の頃、いっつもフリル描いてました。
なぜだ?
フリルのついた服なんて、
どっちかというと嫌いで着なかったのに。
絵では、お姫様やらジルベール風の男の子やら、
フリルやレースの服ばっかり描いてたような気がします。
ま、お手本にしてた少女漫画も、
そんなのが多かったしね。
大矢ちきとかさ。ああ、懐かしい。

で、このレースのブラウス着た良ちゃんなんですが、
今、「悪魔のようなあいつ」DVDは、
ジュリー布教活動のために友達のところを巡回してますのでね、
私の手元にはDVDがないんですよ。
なので、ネット上の映像を参考に描いたんですが、

なんつうか、
実物のほうが女の子くさいです。

ジュリーってさ、
肩幅狭いし、胸薄いし、腕細いし、腰細いし、手小さいし、
色白いし、まつげ長いし、髪の毛ふわふわだし……
で、実物をそのまんま絵にすると、
女の子になっちゃうか、
変なデッサンの狂った絵柄になっちゃうんですよ。
なので、上の絵は実際のジュリーより
ちょっと肩幅がっちり、手大きめ、胸厚めに描いてます。
そうしないと、ちゃんと男の人に見えない……。

昔の、70年代の少女漫画には、
そんなような、目の大きい、肩幅の狭い、腕の細い、
内蔵がどこにどうやって入ってんだかわかんない細い胴体の、
筋肉のない、手の小さい、かわいい顔した、
男の人に見えない男の子が山ほど出てきてですね、
小学生の私でさえ、
「こんなやつぁ、実際にはいねえよ!」
と、ツッコミつつ読んでいたものです。
当時の漫画家さんたちはデッサンとか
ちゃんとしてなかったから、
女の子を描くのと同じように男の子も描いてんだね、
まあ、漫画だしね~
なんて、子供心にも思っていたものでしたよ。
いやほんとに。
しかもさ~
男のくせにフリフリのヒラヒラの服着たり。
いませんよ。実際にこんな男の人。
少なくとも私のまわりにはいませんでした。
っていうか、今でもいません。
ま、それもこれも、
漫画だしね~
少女漫画は乙女の夢よ。
夢なんだから、きれいな男の子が
フリフリヒラヒラ着ててもいいのよ。
願望よ~
と、ぽわ~~~んと思っていたものでした。

ところが!

70年代の若美ジュリーを絵にしようとすると、
この、70年代の少女漫画の男の子そのまんまに……。
うわーうわー
デッサンちゃんとしてない
きれいな男の子が、実在してたよ!
しかも、フリフリヒラヒラ着て!

特に「悪魔のようなあいつ」のときなんて、
久世光彦氏に「痩せろ」と言われたとかで、
すんごい細いし。

かつての少女漫画家の先生方、
デッサンがちゃんとしてないとか思っててごめんなさい。
もしかして、あの男の子たちはジュリーでしたか!?
だったら、あの女の子みたいな絵もしょうがないです。
実物がああだからね。


今私はジュリー廃人ですので、
特にオチも結論もない話ですみません。
しあわせなので許して。(アホ


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック