上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏コミまであと1ヶ月。
あらびっくりですが、
私は自分の分の原稿もイラストも
表紙もできちまったのでね、
あとは、同人たちの原稿のアップを待つばかり。

うひひ楽しみ。


同じ対象への他人の萌えはいいぞう。
この楽しみを知ってしまったからには、
もう簡単に同人誌活動を
やめるわけにはいきません。

そんなこんなで、
これから1ヶ月は萌え系の活動に
いそしみたい所存でおるわけですが、
次号【稀人舎通信8号】の準備も
着々と進んでいるんですよ。(偉い

次号の特集は「恋愛という物語」

これは、川口晴美さんからのご提案です。
川口さん自身の、
これまでにハマったテレビドラマは恋愛要素が少ないものが多い。
恋愛映画と紹介されるものをほぼ見ない。
小学生当時の少女漫画のおとめちっく路線はつまらなかった。
という体験から、
自分は物語に恋愛という要素を求めてはいないようだと気付いた。
しかし、世の中には恋愛物語が溢れていて、
人々はそれを求めているようだ。
それはどうしてなのだろう?
ということを考えたいと思った。
という理由からの特集の提案でした。

これを聞いて、
「そうそう! 私もそうなんだよ!」
というのと、
「いやしかし、漫画は恋愛ものも好きだったな」
とか、いろいろと湧いてきて、
他の人の紹介する恋愛ものの作品てのも
読んだり見たりしてみたいというのもあり、
ぜひやりましょう! と賛成しました。

前号と同じように、
参加者各自からこれはという恋愛ものの
小説、漫画、映画などの作品を上げてもらい、
それの解説&ツッコミという座談会を中心に、
その他、寄稿文などで特集を組みたいと思います。
このね、他の人が紹介する作品てのが、
前回の「親子特集」のときもおもしろくて、
今まで自分の守備範囲外で、
かすらなかったものに触れる機会になるし、
それについての解説も
人によって考え方もいろいろで
おもしろかったですからね。
今回も、いろいろと期待しております。

前々号で「腐女子特集」をやっておりますので、
今回は恋愛といっても一応「男女」の恋愛ということに
させてもらってますが、
「男×男」の恋愛物語についても
話が膨らんだら言及はしていくと思います。
てか、座談会とは別に
なんかまとめて書こうかとか、企み中。

だってさー。
男女の恋愛物語では
「えーー、そりゃないでしょ」ってな展開でも、
男×男の関係に置き換えると受け入れられることがある。
それに気付いてしまったので、
そのへんのことも考えたらおもしろいかなーとかね。
まあ、10月までぼちぼち考えます。
あ、でも7号で「連載第一回」として、
途中になってる「稀人舎の軌跡」の続きも書かなきゃ。
連載第二回は文学フリマ編って感じ?
【稀人舎通信】が同人誌になっていく過程や、
それとともに、私の個人出版への思いの変化なんかを
書きたいかなと思います。

で、座談会で取り上げる作品は、
7月末までに各自上げてもらい、
夏休みの宿題っつうことで、
8月~9月に読んだり見たりしておき、
9月末には座談会をやる、という段取りでございます。
次回の文学フリマは11月3日ですからね。
10月半ばには入稿しなくちゃいけない。
いつもよりもちょっと忙しい秋って感じでしょうか。

でも、その分、年末の冬コミまでは時間ができるか……。
今年の冬コミは印刷本ができるか?
(いや、それは夏コミが終わってから考えよう)


というわけで、次号もいろいろ楽しみな
【稀人舎通信】のバックナンバーは
アマゾンでご購入いただけます。
よろしくです。

  

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。