上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相変わらず、大晦日に年賀状を投函しました。
今年もなんとか間に合ってよかった。
でも元旦には間に合いませんすみません。

今年は3月に大震災があり、
世間的にも私的にも
いろいろ大変な1年でしたが、
ジュリーやショーケン(の妄想)や、
【稀人舎通信】の同人仲間にも助けられ、
現実逃避しつつ、なんとか概ね機嫌よく
過ごしてきました。

しかし、現実ってやつは足が早くて、
年末になって、ついにとっ捕まって、
せっかく機嫌よくやってきたここ数年の
積み重ねを自分で台無しにしたりなんだり、
いろいろと忙しい1年でございました。

まあ、それでも一昨日(29日)のコミケでは、
ジュリーだ、タイバニだと萌え~な1日を過ごし、
沢田研二 in 夜のヒットスタジオ [DVD]」でも、
また現実逃避の加速を付けてもらって、
これでなんとかしばらくは逃げ続けられそうです。

ありがとうジュリー。

去年の大晦日のエントリでは、
Twitterについて、
「この新しいネットツールは、
 来年はどうなっていくのか、楽しみです。」
なんて言っていて、
去年に引き続き、
Twitteではダラダラと日常をダダ漏れしてただけですが、
文学フリマでもコミケでも、
「Twitterで見ました」とか
「フォローしています」とかいう方が
本を買ってくださったりして嬉しかったです。
来年はどうなっていくかわかりませんが、
とりあえずこのまま続けていくことと思います。
よろしくです。

去年言っていて、特に進展がなかったのは、
電子書籍関連。
私自身も特にアクションを起こさなかったんですが、
世間的にもどうにもこうにも停滞してる感じ。
アマゾンのキンドルストア日本版も結局、
年内オープンは見送りになっちゃったしね。
「自炊業者」なんていう問題も起こったり、
なんだか私から見るとどうも的はずれなとこで、
出版界はゴタゴタしてるような気がします。
まあ、このへんのことは、
かつて稀人舎で作った本を
書店で売ってもらおうとしたときに直面した
出版流通の慣習による壁のことを思い出したりして、
言い出すと愚痴とか暴言とかになりそうなんで自重。
アマゾンさんには頑張ってほしいと、
それだけ言っときます。
来年はいい変化があるといいっすね。

アマゾンといえば、
稀人舎通信5~8号】はアマゾンで販売中です。
特に【稀人舎通信5号】は残部僅少です。
よろしう。

その【稀人舎通信】は、順調にいけば、来年で10号。
一応、10号でひと区切りと思っているので、
来年1年が【稀人舎通信】としては、
最後の活動となるかもしれません。
なので、気合い入れてやっていこうと思います。
その後のことはまだなにも考えていないので、
もしかしたら、11号以降もやるかもしれませんが、
なんにしろ、少し形は変えていくことと思います。
なにか進展があるといいですけどなー(他力

コミケはまだ飽きないので続けていく予定です。
ジュリーネタは尽きることがなさそうだし。


では、みなさま、
ジュリーファンの方々も、出版関係の方々も、
来年もどうぞよろしくお願いします。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。