さて、この前のエントリで予告しちゃったからね、
【稀人舎通信9号】特集「働くということ」の
座談会の中で、私がどうも納得できなかった、
「仕事で認めてもらえないと人格否定されたように感じる」
ということについて、
ダラダラと語ってみようかな。
ジュリーのこともこじつけっぽくちょびっと出てきますが、
あまり期待しないでクダサイ。
かなり自分語りな内容になると思いますし、
もんのすごく長文です。すみません。



さて、私が疑問に思ったのは、
「仕事で認めてもらえないと人格否定されたように感じる」
に対して、座談会中では
「拘束時間が長いからそう感じるのか?」
ってな話が出ていたところ。

私も20代にデザイン事務所に勤めていたときには、
朝は10時出社で、夜はノンストップゴーゴーだった。
夕食代とタクシー代は出たけど、残業代なんか付かない。
今から思えば労働基準法違反なんだろうけど、
当時はそんな知識もなかったし、
世間的にもそのへんは緩かった。
小さい制作会社はどこもそんなふうだったんで、
そういう働き方は当然だとも思ってた。
タクシー帰りは普通で、終電でも電車で帰れるときは、
「今日は早いから渋谷で飲んでいかない?」と、
同僚と飲みにいったりしてた。
で、結局タクシーで帰るという……。
1週間会社に泊まりこんだこともあった。
若かったからできたことですなあ(遠い目
一応週休2日のはずだったけど、
土日続けて休めたことはまずなくて、
休みの日は寝てるだけ、とかね。
まさに「仕事だけが自分の人生みたい」な状態だった……
と思う。

というふうに思い出せる限りの状況を並べ立ててみると、
なんとも過酷な、
今で言うブラック企業のような環境だったんだけど、
私は「人生=仕事」というふうには思ってなかった、と思う。
「生活=仕事」だなあ、とは思っていたかもしれないけど、
なので、その「生活」が4年目に入って、
私も20代後半になり、身体的にもきつくなってきたとき、
「こういう「生活」はちょっと続けられないなあ」
という判断で、会社をやめたのだ、と思う。

ここまで、「と思う」「と思う」ばかりなのは、
昔のことでよく覚えてない(!)ってのもあるけど、
私がそれほど仕事のことをちゃんと考えてなかったってこと。
その時々の気分や直感で行動してたのですね。
(ま、それは今でも変わってないんですが)
なので
「勤めてた頃はあんなふうにしてたけど、
 なんでやってたのかなあ?」
と、今となってはわからないことも多くて、
「と思う」と類推するしかないのです。
自分のことなのに、情けない。
もっと自覚的に生きろよ>自分!
と思うけど、当時は「自覚的に」なんて生きてなかった。

そう! 無自覚だったんですよ。
仕事をするということに関して。

そして、これが28歳女子たちと私の違いかもと思うのです。

座談会中に堀田さんが、就職したころに、
「どんなふうに仕事するの?」の問いに対して、
「バリバリの腰掛け」と答えていたというように、
私は一般企業のOLではなかったけど、
やっぱり「腰掛け」の意識はあったと思うし、
特に就職した会社は小さいところだったんで、
一生勤め上げるようなところじゃないと思っていた。
まわりの先輩たちを見ても、
そういう小さいところで経験を積んで、
大きな制作会社やクライアントの広告部とか
広告代理店にディレクターとして転職する……
というような道筋がデザイナーとしての王道だった、
と思う。
でも、私はそんなふうに、
デザイナーとして身を立てようなんてことも、
全然考えていなかった、と思う。
最初に勤めた会社の先輩に、
「何事も10年続いたら本物だから、まず10年はがんばれ」
と言われて、
内心「10年なんてやらねーよ」と舌を出していたのは、
よーく覚えている。
(そんな私が26年もデザイナーとして仕事を続けているのは、
 なんでだろう?と考えると不思議だけど、それはまた別の話)
一般企業の事務仕事ではなく、
少しでも自分が興味を持てる、
やりたいと思った仕事に就くことができたのだから、
「お仕事、がんばります!」と思ってはいたけれど、
それを将来に向けてどうするかとか、
自分の人生のこととして考えたことはなかった。

だいたい、自分の人生を自分で自由にできるとは
思っていなかったように、思う。
結婚、出産、子育て、親・義親の介護……と、
おそらくその後の自分の人生に起こるであろうあれこれは、
自分以外の人間が関わってくることばかりで、
そこに自分の意志を反映させることは難しかろうということを、
無意識のうちに感じていたのかもしれない。
というか、そう刷り込まれていた。たぶん。
だから、自分の意志で好きな事ができる独身のうちに、
好きな仕事をして楽しく過ごさないと損だ、みたいに思ってた、
と思う。
長期的展望というものを持てないと思い込んでたんですね。
そうして、
「女だからしょうがないじゃーん」と、
そういう状況に甘えていたのだ、と思う。
20代の頃に、そんなふうに刹那的にしか物事を考えなかったせいで、
今苦労してるんだよ! と言われたら返す言葉もございません。
当時からちゃんと考えていた人はいて、
そういう人は、今成功してきちんとした仕事と暮らしを
手に入れているんだと思う。
まさにアリとキリギリス。

「選択の幅が狭いのは幸せではないけど楽」
という座談会中の言葉どおり、
20代の頃の私は自分で選択の幅を狭めて楽をしていたんですね。
どうせ、私の人生の先は誰か私じゃない人によって、
決められてしまうんでしょ、と、
私が今いくら選択の幅を広げても無駄無駄、と。
だから仕事がつらいと思ったらやめればいいと思っていたし、
そのことで私の人生がダメになるなんて思ったことはなかった。
私の人生は私自身でさえ手が届かない、
別のところにあるようなものだったから。
ダメになったとしてもそれは私の責任じゃないし~、と……。

これは時代的世代的なこともあるんだろうけれど、
私の性格上の問題も大いにあると思う。
私が子供の頃の学校教育は、
「みんな一緒に同じ事をできるようなること」
が第一目標で、一緒のことができないのは悪だった。
んでもって私はその
「みんなと一緒のことができない子供」だったのだ。
「できない」というか、
まったくできないわけではなく、
がんばらないと「できない」。
「みんなと一緒のこと」は常に
自分がやりたいこととは違うところにあった。
大げさに言えば、
みんなと一緒に同じ事をするのが人生だと教えられ、
それを妙に素直に受け入れてしまった私にとって、
人生というものは、
常に自分自身とは別の場所にある思い通りにならないものだったのだ、
と思う。

そんなぼんやりな私と比べて、
座談会でご一緒した28歳女子たちに代表される、
ちゃんと考えてる人達は(若い人達に限らないけど)
「自分の人生は自分でなんとかしなくちゃ」
と、ものすごく自覚的に考えてるんだと思う。

だから、しんどい。

選択の幅が広くて、自分が選択していることを
アピールしなくちゃならないから。(@座談会)

特に今の学校教育は個性重視を(表面上はだけど)掲げていて、
自分のやりたいことで人生を歩むことが最高、と教えられる。
(それこそが「みんなと一緒」ということであり、
 なんだかもうわけのわからないダブルバインド状態が、
 いろいろと問題噴出なわけだけど、
 その複雑な話はここでは置いといて)
そんなふうに、
「他と違っても自分のやりたいことをやりなさい」
と教えられた人達にとって、
人生は各自の手の中にちゃんとあるのだと思う。
だから、私のように
「どうせ思い通りにならないし~」などとは思わずに、
仕事でも結婚でも、自分で考え選択しないといけない。
そしてその選択の結果は自己責任だから、
失敗したら人格否定ということになっちゃう。
そりゃ、しんどいよなあ。

しかしね、
かつて、思い通りにならない人生がいやだと思った先人達が、
あれこれ戦ってきた結果がこれなのであって、
これも座談会中で話しているけれど、
じゃあ、昔に戻ったらいいかというとそうじゃない。
どうしたらいいのかがわからないから、そこが難しいんだけど。

私にしても、自分の人生のことなのに、
誰かが与えてくれるもののように思って、
いろいろ決めなきゃいけないことを先送りにして、
目先の「生活=仕事」ばかりにかまけてきた結果、
「あれ? もう50年も経っちゃいましたが、
 まだ人生始まってないなんてことないよね?」
と、自分のいい加減な「生活=仕事」こそが「人生」だったと
今さら気付く間抜けさ加減。
この先まだ数十年はあるみたいだけどどうすりゃいいのさと、
今の我が家の経済状態も含めて、
お先真っ暗な今日この頃でございます。

と、ここまで考えて、
私の人生ダメダメじゃないかという結論に至ったわけですが、
でも、そんなお先真っ暗な状況にあっても、
私はそんなに絶望していない。
人格否定されたとは思えない。
なんとかなるさ~という気持ちが強い。
それはなんでだろう?と考えていたときに出合ったのが、
ジュリーのお言葉でございます。

(はあ……、ジュリーが出るまで長かったですね。
 ジュリーファンでこれを読んでくださっていた方、すみませんすみません)


「ロンリーウルフ」を歌ってた時だから、
ジュリー31歳の頃だと思うけど、
確か藤本義一氏の番組(11PMだっけ?)でのインタビューで、
「歌手にならなかったらなにになってたと思いますか?」
という問いに対してジュリーは、
「ヤクザかヒモじゃないかな」
と、妙にさわやかな笑顔でお答えになってるんですよ。
それに藤本氏は「ヒモになるのは難しいんですよ」とか言ってて、
確かにヤクザだってヒモだって、
その仕事(?)なりの苦労はあるんでしょうし、
それで暮らしてるリアルの方々が聞いたら怒るかもしれないけど、
ジュリーはたぶん、
「歌手にならなかったら、何者にもなれなかったよ」
と言いたかったのじゃないかと思うんですよ。
そして、自分のベースっていうのは、
その「何者でもない自分」なんだと。

あ、これは「悪魔のようなあいつ」の良ちゃんですね。
あのドラマの最終回でジュリー演じる可門良は、
「あの3億円がなかったら、俺は何者でもなかったよ。
 ただの薄汚い、なにもできない
 そこいらのチンケな野郎だったよ」
って言ってましたね!(嬉

良ちゃんは、そんな自分がいやで、
何者かになるために3億円を手に入れようとするんだけど、
その中の人であるジュリーは、
「何者でもない自分」ありきなんだと、
いつでもそこに戻ることができるよと
言っているように聞こえました。
ま、たぶん「歌手以外のことはできない」と、
自嘲的に言ったことなんだと思いますけどね。
でも、そんなふうにあっけらかんと言うことのできる
ジュリーは強いと思う。
ジュリー自身が強いのももちろんだけど、
そういう気持ちでいることによって、
どんな状況になっても自分を保っていられる
という点で強いんじゃないかと思う。
そして、私にはなんとなくその気分がわかる気がする。
いや、まあ、ジュリーと一緒なんて、
おこがましいことを言う気は全然ありませんが、
「何者でもない自分」が本来の自分だというのは、
ある一定の年齢以上の人なら、
共通して持っている感覚なのではないかと思うのですが、
そんなことないですか?
少なくとも私はそんなふうに思う。
仕事で認められるとかお金が儲かるとか、
人の役に立つとか、
そういうことは人生のオプションであって、
たとえば、私だったら、
学生時代からプータロー期の、
トイレ共同の六畳一間の下宿に住んでいた頃の、
お金がなくてお腹をすかせていた、何者でもない自分、
そこがベースにあって、
今の生活が立ち行かなくなったら、
そこに戻ればいいと思っている。
私の人格はそこにあるから、
誰に認められなくとも絶望はしないんじゃないだろうか。
なんてことに気付いたのでした。

ジュリー、ありがとう!(笑)

それがいいか悪いかは別にして、
自分のベースが低いところにあるというのは、
気分が楽だなあと思うのですよ。
向上心がないと言われればそれまでだけど、
「常に向上心を持ってがんばれ」と言われ続けた結果、
今の人達の「働くということ」がつらくなっているのだとしたら、
ちょっと、その「何者でもない自分」というのを、
少し認めてあげる方向で考えるのもありなんじゃないかなあと、
お気楽な私は考えるわけです。


と、なんで私は
「仕事で認めてもらえないと人格否定されたように感じる」
に疑問を持ったのか、
どうして自分はそう感じないのかということを
ダラダラと考えてみました。


そんなこんなのことを座談会で語り合っている本はこちら↓





※慌てて更新しちゃって、なんだか最後がグダグダだったので、
 最後を書き直しました。(5/19 20:58)

関連記事
コメント
この記事へのコメント
うーん・・・
ゆうさんにしても、おいらにしても、特殊技能があると、かならずしも会社という組織に属さなくても良いんだと気づくかどうかもありんすね。

世の大半は、会社に属して時間を売ればお金になると思っているし(就活にいそしむのは正にそれ)それは常識というものだと思わされてきたし。
でもそこから個人の意思かどうかは別に引き離された場合は、どうにも、自分の立ち位置がみえなくなるのかもしれませぬな。

なんというか、皆会社で眠い目を擦って机に向かっている時間に、市役所に用事を足しにいったりしている自分は何? 落伍者?
なーんてね。

でも、不況と震災を境目にしてからの世は、もう会社に属する=安心ではなくなってしまった訳で。。。

それなのに毎年、ベルトコンベアのように就活に向かう慣らされた子たちが見える訳で・・・

世相と世代のこのコントラストに、自分のような立ち位置の三角バランスはなんなんでしょうねえと。
読んでいておもったでげす。
aloha1
2012/06/11(Mon) 03:52 | URL  | aloha1 #n3/VgMeQ[ 編集]
aloha1さん、どうもです
そうですねえ。
今の「就活問題」などを目にすると、
「仕事をするということ=会社に入る」という縛りが、
とても強くなっているのかなという気もしますね。
私が若いころのようにぷらぷらしてても
自分ひとりならなんとかなるさと思えた時代とは
違うということなのかもしれません。
2012/06/13(Wed) 23:00 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック