上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

えーと。
思わせぶりなタイトルですいません。
(こっそり告知)っつうのは、こっそりなので、
本編のあとにこっそり表示いたします。
興味のある方のみご覧くださいませ。




さて、なんともう9月になってしまい、
これはうかうかしていると、10月もすぐそこだね、
ってなわけで、
第15回文学フリマにて発売予定の
【稀人舎通信10号】の制作準備をぼちぼち始めています。

文学フリマは今回も抽選なしで、出店できるようです。
今朝「ブース取得のお知らせ」メールが来てました。
参加費を振り込んだら、
10月中には参加案内一式が送られてくるそうです。
今回も【稀人舎】は2ブースで申し込みました。
なんという贅沢(笑)。

以前もお知らせしたように、【10号】の特集テーマは

「妄想と創造が人生を救う」

いつものように、メインは座談会です。
今回は、一応の【稀人舎通信】最終刊ということで、
いつものメンバー、金井さん、川口さん、山口さん、月澤さん、私と、
【9号】の「働くということ」の座談会に参加してくれた堀田さんの6人で、
各自の「妄想と創造の元になった作品」
もしくは「妄想と創造の果てに生み出した作品」
などを取り上げて、存分に自分語りをしてもらおうという、
そんな企画です。
座談会の日程も決まり、各自が取り上げるネタ本も、
少しずつ出てきています。

全部出揃ったらまたあらためてここで発表しますが、
とりあえず、私のネタ本は
栗本薫「真夜中の天使」
ええそうです。あの「まよてん」です。
BL、JUNE方面の話というよりも、
創作物のオリジナリティとは?みたいな話が中心かもしれません。
それと絡めて、「まよてん」に限らず、
栗本薫氏のことについても、あれこれ語れたらと思っています。
ま、稀人舎の座談会なので、いつものように、
蓋を開けてみないとどんなんなるかはわかりません。
他の方々がどんなネタ本を出してくるかにもよりますしね。
楽しみです。

他には、

●別テーマで私と川口さんと堀田さんの3人による
 もうひとつの座談会。内容はまだ秘密(うふ)。

●それまでほとんど小説とか書いたことなかったのに、
 とあるスターへの乙女萌えの果てに
 長編妄想小説を書いてしまったという私の友人に、
 その妄想小説をネタに突撃インタビュー。

●金井さんによるアイドルヲタへのインタビュー。

と、特集だけでも盛り沢山。

特集以外には、いつものエッセイ、小説、漫画も。
連載漫画「プラグド」は、
【稀人舎通信】の最終刊に合わせたかのように、
今回でめでたく最終回を迎えます。ああ、よかった。

内容が決まったら、少しずつ発表していきます。
11月18日の文学フリマでの発売に向けて、
がんばっていい本を作りたいと思います。
よろしくです。




……と、ここまでは【稀人舎通信10号】のお話。
ここからは、以前からポツポツ言っている、
いつもコミケで売っている薄い本の
「こっそり通販」のお知らせです。



↓↓↓↓興味のある方のみ、ずずいっと下へ。

































今年の夏コミは落選してしまい、
サークル参加できなかったのですが、
じゅりーに関するアレなお話のネタは
私や同人仲間の頭の中に渦巻いていたので、
とりあえず、新刊だけは作ろうということになり、
本日めでたく印刷屋さんから完成品が届きました。

「こっそり通販てなに?」もしくは「待ってました!」
という方は、Twitterでフォローしてる方はDMで。
フォローしてない方は、@kijinshaをフォローして、
「こっそり通販てなに?」とリプください。
こちらからもフォローして、DMお送りします。
Twitterやってないよ、という方は、
この下のコメント欄の「管理者にだけ表示を許可」にチェックを入れて、
メールアドレスを教えてくださいませ。
詳細をメールいたします。

いろんな方面に差し障りのある分野ですので、
あくまでもこっそりと。
ご面倒をお掛けしますが、よろしくお願いします。

参考までに。
↓表紙はこんな感じー

じゅり本5


関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/02(Sun) 10:58 |   |  #[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2012/09/13(Thu) 00:48 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。