上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏休みも終わり、地元の祭も終わり、
仕事の忙しいのも抜け
文学フリマの参加費入金締め切りも過ぎ、
いよいよ【稀人舎通信10号】の制作に
取り掛からねばならなくなりました。

今回、いつものメンバーによるメインの座談会の他に、
もうひとつ座談会を載せる予定でして、
それが今週土曜に収録の予定。
うわー、なんの準備もしてないよ。
どうしよう。
まあ、なんとかなるか(早っ

この、もうひとつの座談会の内容は、
もうちょっとしたら発表しますが、
ほぼ腐女子関連になります。
ま、妄想といえば腐女子ですからね。
あと、私がやりたかったので(笑)。

それが終わってテープ起こししてるうちに、
今度は、妄想小説を書いちゃった友人にインタビュー。
んで、それのテープ起こしが終わるころには、
もう、メインの座談会って寸法だ。
ぜえぜえ。
だいじょぶか私。
かなり無茶な段取りかと思いますが、
最後の【稀人舎通信】なので、
最後ぐらいは自分のクビを締めつつがんばります。

メインの座談会は、
いつもの【稀人舎通信】のメンバーによる、
「私の妄想と創造を助けたこの作品」
というテーマで、
各自、これまでの自分の読書歴、創作歴などを
語っていただく予定です。

これまでにあがっているネタ本は
・村松友視『私、プロレスの味方です』
・現代詩文庫196 『川口晴美詩集』
・池田理代子『オルフェウスの窓』
・栗本薫『真夜中の天使』

それぞれ、作品への思い入れとともに、
たっぷりと自分語りをしていただこうかと思ってます。

『川口晴美詩集』はアマゾンで販売中です。



これ以外の作品は残念ながら絶版中ですが、
電子書籍では出ているものもあります。
また、これらのネタ本以外にも、
子供のころに読んだ絵本や名作翻訳ものや漫画など、
話の流れでたくさんの作品を
取り上げることになるかと思います。
座談会は、いつものように行き当たりばったり。
どんなものになるかは、
やってみないとわかりません。
もう、6時間でも7時間でもどんと来いです。

がががんばります。


【稀人舎通信】のバックナンバーはこちらから。

  

 

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。