上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんと、コミケまであと19日だ!
いつも1ヶ月前までには、
文字原稿は一応アップさせている私ですが、
今回は、文学フリマが11月18日と遅かったのと、
それが終わったら、
年末進行で仕事がミチミチに入ってきて、
特に先週まではなんもできず。
原稿はこれから書きます。

できるんだろうか……

いつも「できるんだろうか?」と思いつつも、
なんとかなってるので高をくくっている私も、
今回ばかりはちょっと焦り気味。
えーと、今週1週間で文字原稿を完成させて、
来週1週間でイラストを描き、
24〜26日で割り付け&文字校正をして、
27日にコピー&ホチキス止め作業をします。
こうスケジュールを立ててみると、
「なんだ、余裕じゃん」て気にもなりますが、
この合間にまだ仕事も同時進行しております。

できるんだろうか……


今回のコミケ本での私のネタは、
ショーケンとジュリーが共演した
「太陽にほえろ!」の20話「そして、愛は終った」の
二次創作もの。ま、「マカロニ×貞文」でございます。
あのドラマは、
ショーケン×ジュリー萌えの腐女子目線で見ると、
マカロニ×貞文のラブストーリーにしか見えないので(笑)、
最初は単純にマカロニくんと貞文さんのラブラブ話を
考えてたんですけどね。
考えてるうちに、
女(叔母さん)を愛していたはずの貞文さんが
マカロニという男と恋愛するという意味、とか、
あと、リアルでは仲良しとわかっている
ショーケンとジュリーが犯人と刑事という、
いわば敵同士という役を演じることの意味、
そして、それらの背景をわかった上で、
ドラマを見ているファンの物語の受け取り方、とか、
いろんなことが湧いてきちゃって、
現在、ぐるぐる中。
そのへんをうまくまとめられたら、
ちょっとしたジェンダー論、もしくは、
現実と妄想を行ったり来たりする、
腐女子の物語読み取り能力の高さみたいなことも
表現できるのか?
なんてな妙な野望も湧いてきちゃったりして、
ちょっとずつは書いてるんだけど、
なかなか進みません。
「貞文さん萌えー!」とか言って、
もうちょっと気軽に書けばいいんですし、
実際にできあがるものはそんなものだと思うんですが、
やっぱりお話の中では整合性を持たせたい。

うーーん、余計な色気を出してないで、
まずは書け>自分。

がんばります。

コミケは「1日目 東地区 モ-60b」で参加します。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。