上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お、めずらしくライブ翌日の更新です。
今年は心を入れ替えて、
ずっとこんなふうにサクサクとものごとを
やっていきたいものです。
(できるのか?)

以下、コンサートのネタバレあります。
お嫌な方はスルー願います。


























……いいですかね?
では。


行ってきました。

沢田研二 2013正月LIVE
『燃えろ東京スワローズ』


なんですかね、このタイトルは。
その理由については、
ご本人が去年からあちこちで語ってましたから、
ファンの方々は承知のことだと思いますが、
要するに去年の優勝チーム・ジャイアンツが強すぎるから、
ジャイアンツ以外のチームをみんなで応援しようよと
そういうことのようです。
なので東京はスワローズ。
大阪はタイガースで名古屋はドラゴンズなんだって。
で、ジュリーは阪神ファンなのでね。
その「漁夫の利」で阪神が優勝できればいいなと、
昨日のMCでも言ってました。
仕事に自分の趣味を持ち込む、
完全に公私混同している、
そんなジュリーが大好きです(笑)。

で、予告どおり歌ってましたよ「ROCK 黄 WIND」。
アンコールの1曲目。MCのあとでしたね。
私は阪神どころか、プロ野球自体をほとんど知らないので、
ジュリーの「ROCK 黄 WIND」は知ってたけど、
阪神の応援歌「六甲颪」はほぼ聴いたことなかったんですが、
この度、試しに公式のやつを聴いてみました。

全然ちがう〜〜!

いや、メロディーや歌詞は同じなんですが、
ジュリーのはアレンジがちゃんとロックになってて、
かっこいいんですよ。
ギターがギュインギュインいってるしね。
ジュリーの声はいいし。
阪神ファンじゃない私でも、
コンサートではちゃんと盛り上がって、
拳振り上げてきました。楽しかったです。
しかし、ジュリーのあのいい声で
「♪は〜んし〜んタイガ〜〜ス フレーフレフレフレ〜〜」
とか歌われるとなんか笑っちゃうんですけど。
あと、ギターの柴山さんは横須賀だから、
ベイスターズファンなんじゃないかとか、
泰輝さんは日ハムじゃ?とか、
下山さんはどうなん?とかとか、
ちょっと余計な心配もしたりしなかったり。
だいたいあのルースターズの下山淳が、
「六甲颪」の伴奏してるって、
ルースターズファンの方はどう思ってるんだろう?とかね。
いろいろと楽しい(?)心配が駆け巡った、
「ROCK 黄 WIND」でございました。


もうすでに各ニュースサイトで記事になってるし、
今朝の新聞にも出てるようなので、
みな様ご存知だと思いますが、
MCでは重大発表が!

オリジナルメンバーでのザ・タイガース復活!

なんですってよ。
「5人の気持ちがひとつになりました〜」と、
ジュリーも嬉しそうでしたね。
去年の「ほぼ虎」の時は、
ジュリーはかたくなに「これはザ・タイガースじゃない」と
言い続けてて、なので正式な発表はなく、
噂ばかりが飛び交った結果、
ジュリーのソロコンサートツアーの蓋を開けてみたら、
サリー・ピー・タローがゲスト参加しての、
「ほぼタイガース」だったという経緯がありましたからね。
ファンとしては、このままなんとなーく、ズルズルと、
正式な発表のないままに、いきなりチケット発売、とかも
あり得るんじゃないかって、ちょっと心配もしてたんですよ。
それが、ジュリーの口からちゃんと
「発表します!」と。
「タイガース復活」という事実もそりゃ嬉しいでしょうが、
昨日の会場に居合わせたファンにとっては、
それをジュリーから直接きちんと聞けたっていう、
そのことがとっても嬉しかったんですよ。
その瞬間会場から上がった歓声は、
そういう意味もあったと思うんですよね。
ジュリーも、
「私は大人ですから、正式に決まったことは、
 こうしてきちんと発表するんです!」
って得意げだったしね。
そんでもって、
「歌詞覚えるのも大変なのに、
 スケジュールまで覚えてられるか!」
とか、なぜかそれも得意げにメモを持ってきて、
今年のスケジュールを読み上げるジュリー。
なぜそこで得意げ?
ま、かわいかったですが。
しかも、タイガース公演のスケジュールを読み上げたあとには、
「こんなに(公演を)できるのも、
 見に来てくれるみなさまがいるからです」
なんて、いつものジュリーらしからぬ、謙虚なお言葉も。
いつもは
「こうしてやってられるのは、
 ひとえに……私の努力のたまもの(ニヤーリ」
とかイケズなことを言うのに。
お隣の方と思わず顔を見合わせて、
「こんなこと言うなんて珍しいですね〜」
「どうしちゃったんでしょうねえ」
とか言っちゃったよ(笑)。
んでもって、
「ザ・タイガースもこうして頑張りますから、
 阪神タイガースも頑張ってもらわないと」
ってなことを言って、アンコールの「ROCK 黄 WIND」でした。

今回のMCは、この重大発表をしなきゃならないってんで、
たぶん、しゃべる内容をちゃんと考えてたのか
いつものグダグダしゃべりじゃなくて、
ちゃんとまとまった内容でした。
予定よりも短かったのか、
しゃべり終わって鉄人バンドのメンバー紹介をしようと、
ジュリーが後ろを振り向くと、
まだメンバーが出てきてなくて、
下山さんがちょっと慌ててたり、
ジュリーも「さあさあ」みたいな仕草をしてて、
おかしかったです。

内容といえば、MCの最初で
ライブタイトルに絡めた野球の話をした時に、
「阪神の監督は和田。それに「さ」を付けたら沢田」
「和田は香川出身やから、「さぬき」なんや」
という、まるで落語のような落とし話も。
いつもだったらもっとしょーもないダジャレしか言わないのに。
(あ、すみませんすみません)
なので、聞いてるみんなは
「「さ」を付けたら沢田」のとこで、
すでに「わ~っ パチパチパチ」とウケたんですよ。
いつものジュリーのダジャレレベルを知ってるからね(笑)。
そしたらジュリーは不満そうに、
「まだ、こっからや(ちゃんと続き聞け)」つって、
「さぬき」ネタをドヤ顔で披露したのでした。
誰かに教えてもらったりしたんでしょうか。
それとも、お正月の間にずっと考えてたんでしょうか。
他にもひねったネタがあるのかどうか、
このあとの大阪や名古屋の公演のレポを待ちたいと思います。


と、まずは印象に残ったところを先にレポして、
一旦アップします。
他はまたあとで「その2」で。
おお、まるでコンレポのようだ(笑)。
あまり期待しないでお待ちください。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。