夏コミに出す新刊本、鋭意制作中でございますよ。
私の原稿は、とりあえず1本完成いたしました。
これから入稿まで読む度に
またちょこちょこ直すことと思いますが、
一応の完成ということで。やたー。

完成記念の落書きもpixivにアップしてみました。

ま、ジュリーですわね。
中の人ですから。
でもちょっとぼやーっとして、
髪の毛がボサボサで口元に痣とか作っちゃってるとこが、
「哀しきチェイサー」のジローくん風ってことで。

今回の私が書いたお話は、
このジローくんが「太陽にほえろ!」のマカロニ刑事と出会ったら、
っていうパラレルものです。
自分が殺してしまったキヨサカに顔がそっくりなジローくんと、
偶然会ってしまったマカロニくんはそりゃ動揺しますよねー
っていう、そんなお話。

こういう、
「おまえはキヨサカなのか?ジローなのか?」
みたいな話を書いてると、
キヨサカもジローも結局はジュリーなんだなあと思いますね。
演じてるのはジュリーなんだから当然なんですが、
どの人物もなにが問題になってるかって言ったら、
その中身がないってことだと思うんですよ。
キヨサカは叔母さんとの愛だけが大切で、
他の生きていくために必要なものすべてを
投げ捨ててしまった。
ジローはアホの子ですから、最初からなんにもない。
こないだ放送された「同棲時代」のジローくんも、
この度ちゃんと最初から最後まで通して
ドラマを見てみてわかったんですが、
彼の中身って、全然描かれてないんですよね。
なに考えてるかまったくわかんない。
ある意味アホの子。
好きな絵を描いていられて、
好きな今日子さんがそばにいればそれでいい。
普通の人間もそんなもんなのかもしれないですがね。
実際は。
そういう中身のないところが、
ジュリーの空っぽさと共通して見えて、
結局はどの人物もジュリーだなあってなる。

あ、今思い付いたんですが、
キヨサカもジローもジローもジローも、
(なんでジュリーの役名は「ジロー」ばっかなの)
もっと言えば、その後ジュリーが演じたキド先生も、
過去がないんですよ。
どんな家でどんな育ち方をしてきたか、
今までどんな恋愛をして、経験はあるのかないのか、
よくわからない。
なので、見てるこっちは、
勝手に演じているジュリーを当てはめて考えるしかなくて、
そうなると、どの人物も同じ過去を持つってことに
なっちゃうわけです。

まあ、パラレル二次創作にうってつけな人って
いうふうにも言えますね。
てなわけで、ジュリーが出たドラマや映画や、
現実のジュリーも、
あれこれリンクさせてパラレルにするのは楽しいです。

今回の夏コミ本には、
この私のお話の他にも、あと2本か3本掲載の予定。
現在鋭意制作中です。
あ、イラスト描かなきゃ。

夏コミは
【8月11日 日曜日 西地区む-27a】
で遊んでおります。
時間と体力と気力と興味がある方はぜひおいでくださいませ。


【ご注意!】
私が作っている夏コミ用の本は、いわゆる「薄い本」です。
がっつり18禁、がっつり腐女子向けでございます。
18歳未満の方、またはBL嗜好のない方、苦手な方、
わからない方は、ご遠慮ください。
というか、興味はあるけど「???」って方は、
コメント欄にメアド記載の上、
「管理者にだけ表示を許可」に必ずチェックを入れて、
お問い合わせください。
いろいろとデリケートなジャンルでもありますので、
ご協力よろしくお願いいたします。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック