昨日、神奈川県民ホールで、
ジュリーのライブがあったんですけどね。
急遽参戦してまいりましたーー。

私は、6月28日の初日に行って、
今年のツアーは、あとは10月の大宮まで
我慢しようと思ってたんですが、
チケットを譲ってくださるという方が現れ、
(ありがとうありがとう)
「行く! 行きたい! 行きます!」と、
その場で即答する私。
ええもう、
「10月までジュリーに会えないのかー」と
しょんぼりしていたところでしたし、
コミケ本の入稿も終わり、
仕事も一段落してたとこでもあり、
「もう1回ぐらいいいよね? ね? ね?」と
自分に言い訳して、行ってまいりましたよほほほ。

池袋から副都心線がみなとみらい線に直通接続されて、
初めての横浜行き。
だいたい横浜って土地自体に馴染みがない私。
「各停?」「急行?」「特急?」「乗り換えって?」
などなど、田舎者がオロオロしながら、
なんとか神奈川県民ホールにたどり着きました。
間に合わないかと思ったぜ。ふー。

いつものように定刻どおりに始まり、
ジュリーはいつものように歌い、走り、シャウトし、
MCでは笑わせてくれました。
あーー、楽しかった。
ジュリーの声は、最初の方はちょい掠れ気味で、
まあ、前日もライブだったしねえと思いましたが、
途中「おまえにチェックイン」から
急に声が出たように聴こえてびっくりしました。
歌ってるうちに声が出てくるというジュリーミラクル。
そこから「サムライ」〜新曲と、もう絶好調。
ビンビン響く美声で最後までうっとりでした。
客席のノリもすごくよくて、
1曲目からみんなスタンダップで踊りまくり。
私は1階後方の席だったんですが、
1階はみんな振りも揃ってて、壮観でした。
「愛まで待てない」では、曲の途中でも、
きゃ〜〜〜!
って掛け声? 叫び声もあり、
私ももちろん叫ばせていただきましたよ。

きゃ〜〜〜〜〜!
ジュリーーーー!!


そんな2時間ちょいの夢の時間を過ごし、
昨日は特に誰とも約束をしてなかったし、
そのまままたみなとみらい線〜副都心線直通で、
しゅるーっと帰ってきちゃいました。
家を出てからライブ見て帰ってくるまで5時間弱。
なんか、「ちょっと行ってきた」って感じで、
不思議な感じがしました。
しかも、今回は最初から行こうと予定していたのではなく、
数日前に急に行くことが決まったライブ。
まるで、「今日は暇だから映画でも行く?」とか、
「たまには外で食事でもしようか」みたいな、
そんなノリでジュリーのライブ。
日常の中にスルッと入り込んでくる非日常っていうかね。
日常と地続きで楽しめる夢の時間。
そんな経験ができるのも、
私が近隣での公演数が多い首都圏に住んでるという
恵まれた環境にいるということもありますが、
なにより、
ジュリーが毎年全国40箇所もで
ツアーをやってくれてるから。
そうやって、惜しげもなく夢をまき散らしてくれてるから、
ちょっと頑張って手を伸ばせば、
夢の時間を過ごすことができる。

ありがとう、ジュリー!

ジュリーを好きになってよかったなあと、
好きになったのがジュリーでよかったなあと、
昨日はしみじみ思いながら電車に揺られておりました。

しかし、私にとっては夢の時間でも、
ジュリーにとってはたぶんこれが日常。
昨日のMCで、こんなに汗かいてるのに、
ライブの前と後とでは1キロしか体重が変わってない、
なんでや!
とか言ってましたが、ほんとか?
あんなに走ってシャツが透けるぐらい汗かいて?
で、それでたぶん終わった後のおいしいビールで、
元に戻るんでしょうなあ(笑)。
もうずっとずっと何十年もやってることだから、
身体もそれ仕様になってて、1回のステージぐらいじゃ、
びくともしないってことなんでしょう。
昨日のジュリーも、
MCでは「疲れがなかなか取れない」とか言ってましたけど、
客席から見る限りとても元気そうでご機嫌さんでしたしね。

昨日はライブ後、ヒット曲てんこ盛りのシングル集、
「A面コレクション」を聴きながら帰ってきたんですが、
発売当時の若くて甘いジュリーの声を聴きながら、
この、存在自体が夢のようだった、
ふるふるしてるジュリーが、40年以上歌い続けて、
ステージの上と下という違いはあれど、
私と同じ空間にいて、
妙なダジャレとか言って笑わせてくれたり、
元気に走り回ったりしてるとか、
なんだか不思議通り越して涙が出てきましたよ。
いや、ほんとに。
長い時間をかけて私のところにやってきてくれた夢っていうかね。

私はほんの4年前にファンになった新参者ですが、
思い起こせば、子供の頃からテレビや雑誌を見れば、
ずっとずっとジュリーはそこにいて、
ちょっと手を伸ばせば夢の世界に連れてってくれた。
ファンじゃなかったけど、ジュリーのことを考えれば、
なんかドキドキしたなあって記憶は確かにあります。
テレビにジュリーが出るって言えば、楽しみに見ましたし、
今度の新曲はどんなかなあってワクワクもしましたしね。
そんな風に私の人生に寄り添っててくれたジュリー。
これからはできるだけこちらからも手を伸ばして、
ジュリーと一緒に年を取っていきたいと思います。
昨日のMCでも、
「私だけが年を取ったんじゃないでしょ。
 みんな一緒に歩んできてるんだから」
と、いつものように言ってましたが、
この言葉って、昔からのジュリーを知ってるファンには、
ものすごく嬉しい言葉ですよね。
そう、一緒だから。
私がジュリーのことを忘れてる間もジュリーは歌い続けて、
実はずっと一緒に歩いてくれてたんですよ。
ああ、なんかまた涙出てきたよ。

……なんかポエミーになってしまったあはは。
というぐらい、昨日のライブは素敵だったつうことです。
あいかわらず全然レポになってなくてすみません。


そうそう。長い時間と言えば……。
昨日のライブではないですが、
大阪だったかで、TOKIOでのみんなの、
「♪空を飛ぶ〜 チャチャ」っていう手拍子に、
「誰が決めたの?」「誰がやれって言ったの?」
「そうや、忘れとった。ずーっと言おうと思っとった」
とか言ってたらしいですが、
昔からのファンの方々によれば、20年前からやってたって。
てことは20年間ずーっと思ってたってこと?
長すぎる(笑)。
でも、ジュリーの45年間の芸歴からしたら、
20年前なんてほんの最近て感じなのかもしれません。
ま、私もライブでこのTOKIOの会場の手拍子や
「♪ト〜キ〜オッ」の時の振りとか見た時は、
びっくりしましたけどね。
だって、パラシュート背負って歌ってた当時の、
この曲のイメージはそんなんじゃなかったんだもの。
テクノっぽくて、もっとクールっていうか、
私はそんな感じだと思ってたんですよ。
でもね、最近は10代の子もファンになってますから、
その子にしてみたら生まれた時から、
TOKIOは「♪そ〜らをとぶ チャチャ!」ですよ。
ジュリーといえばこの曲って言われるくらいのヒット曲で、
みんなで盛り上がるのに最適な曲だし、
それに決まった手拍子や振りがあるのは楽しいから、
これはこれでいいんじゃないでしょうかね。
これも、長いことジュリーが歌ってきたからこその
変化っていうか、効果ですよね。

あ、それと、
こないだ書いた下山さんのギターの
スタンドプレイ(だから違う 笑)、
今回はばっちり見ましたよ。
新曲「UncleDonald」で、エレキを下げたまま、
最初スタンドに固定したアコギを弾き、
サビのところですぐにエレキに切り替え、
2コーラス目でまたすぐにアコギ。
で、またすぐエレキ、という忙しさでした。
すげえ。

ていうか、この下山さんがかっこよくてですね。
私は最近下山さん推しでございます。
昨日もかなりの間、双眼鏡で下山さんをガン見しておりました。
同郷である鶴岡出身てとこもポイント高いんですけどね。
思えば、ルースターズ当時、
ギターの下山淳て鶴岡出身なんだと知りまして、
鶴岡なんてど田舎にもこんなかっこいい人がいたとは!
とちょっと注目はしてたんですよ。
でも、ルースターズの音楽自体にハマることが実はできなくて、
(すみませんすみません)
下山さんのビジュアルはあちこちで拝見して、
ぽわ〜んとなってたものの、
その後忘れていたわけですよ。
で、ジュリーのファンになり、バックバンドのメンバーに
下山淳の名前を発見してびっくり、というわけです。
こんなところでまた巡り会うとは〜!
ここにも長い時間をかけて
私のところにやってきてくれた夢があるっていうかね。
それを言うならドラムのグレイスもそうかも。
「麝香猫」は、当時まだ珍しいガールスバンドで、
記憶に残ってましたもん。
「グレイスって、あの麝香猫の!?」ってびっくり。
そういう意味でも
ジュリーは私の人生に寄り添ってるっていうか。
私自身はジュリーのことを忘れて、
他のバンドやアイドルに夢中になってたりしたんですが、
芸歴の長いジュリーはあっちこっちに影響を与えてるし、
いろんな人と関わりがあって、
あれもこれもなにかしら繋がりがある。

昨日、タイガースが解散した後もずっと歌い続けてたのは、
またタイガースをやるためだったんじゃないか、
だから12月にタイガース復活をやったら、
肩の荷が下りてふわーってなるんじゃないかとか、
ジュリーは言ってましたが、
そんなこと言わないでって思います。
タイガース解散後、
ジュリーがいろーんなことをやっててくれたおかげで、
PYGで一緒にやってた?と、ショーケンのことも思い出し、
井上バンドの映画音楽、ドラマのBGMのあれこれも知り、
吉田建さんやポンタさんのことも思い出し、
泉谷しげるwithLOSERの復活ライブも行ったし、
下山さんやグレイスの、今も元気に演奏する姿を見て、
今の私は本当に楽しいんですよ。
ジュリーが45年間歌い続けてきてくれたおかげで、
私はこの年になって映画やライブやお芝居や、
いろんな新しい扉を開くこともできたんですもん。
肩の荷を下ろすのはいいですが、
これからも歌い続けていってほしいなあと
願ってやみません。

ていうか、ジュリーはきっと歌うよね。
たぶん、歌ってないといられない人なんじゃないかと思うので、
ジュリーが歌う限り、私の時間とお金が許す限り、
ついていこうと思います。


コンレポのつもりが思わず熱く語っちまったぜ。
暑苦しくてすみません。
ご清聴ありがとうございました。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
アツいアツい
神奈川参戦、よかったですね。さすがジュリーのお膝元、盛り上がりもすごかったようで。

熱い想い・・うんうん!って共感しながら読ませていただきましたー。すっかり見失っていた間もジュリーがずーっとジュリーでいてくれたから、私も遅ればせながら今、ジュリーファンとしてライブにも参加する幸せに間に合いました。長い間ずーっと一緒に歩んできたファンの方々にはかなわないけれど、今熱い気持ちでいっぱいなのは確かなのです。うふふ、暑苦しい~。

今週末は和光に参戦。私にとってはプチ遠征です。ドキドキ。
2013/07/30(Tue) 14:25 | URL  | kinpira #-[ 編集]
kinpiraさま、どうもですー
勢いで書いちゃったけど、なんか熱すぎたというかなんというか…
読み返すとこっ恥ずかしい感じでもあるんですが、
まあ、ジュリーへの今の正直な気持ちなんで、そのまま載せちゃいました。えへへ。
ほんと、ジュリーが歌い続けていてくれたから、
新参ファンの私達も一緒にこんな楽しいことに参加できて嬉しいったらないですよね。

和光行かれるんですね。
楽しんできてくださいね〜。
2013/07/30(Tue) 17:28 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/31(Wed) 00:41 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック