11月4日の文学フリマ

ぼやぼやしてるうちにあと1ヶ月ちょっとだ。
うわーん。

えーとですね。
こないだのエントリで、
【稀人舎通信】の同人のみんなに、なんとなーく、
「なんかやりたいことありますかー?」と聞いてみた
とか書きましたが、
案の定、主宰の私がこんな状態では、
どうにもこうにもまとまらず、
やっぱり、今回の「稀人舎」は、
企画モノの合同本は作らないことになりました。

その代わりと言ってはなんですが、
川口晴美さんの、今までの詩集に未収録で、
これからもおそらくどこにも
収録されることはないであろうという詩を
コピー誌にして売ります。
さすが芸歴じゃなかった創作歴の長い川口さん、
未収録の詩と言っても、集めてみると結構たくさんありまして、
今回はその中から、ホラーをテーマに編集します。
表紙には、詩人でもあり写真家でもある芦田みゆきさんが撮った
川口さんの写真をお借りできることになりました。
デザインは私です。これからやりますがんばります。
コピー誌なので、紙や綴じ方やいろんなことに凝って、
手作り感満載の、かわいく、そしてホラーっぽい(?)、
デザインにすべくがんばろうと思います。
いろいろ紙も買ってきちゃった。
ああ、楽しい。

てか、何部ぐらい売れるだろうか。
B6版、8〜10篇収録で500円。
ページ数は組んでみないとわからないけど、
24ページか28ページぐらいかなあ……。
「欲しい!」「買う!」って方はコメント欄にでも、
なんか書いていただけると目安になるかと。
よろしくです。


【稀人舎通信】を10号で終わりにして、
次はなにをやったらいいか全然わからん!と、
抜け殻のようになっていた私ですが、
「稀人舎」は、しばらくは空っぽのままの器にして、
【稀人舎通信】で関わりを持った方たちからの、
「こんな本を作りたいんだけど」
「この原稿を発表する場が欲しい」
「こんなテーマで座談会やったらおもしろいんじゃない?」
ってな要望や提案があった時にその都度、
そのお手伝いをしたり、
発行元として本を制作したり、
文学フリマで売ったり、
希望があればアマゾンでも売ったり、
していければいいのかなと。
今はそんなふうに思っているわけでございます。

私もそのうちなんか作ると思うし、
小説もぼちぼちだけど書いてるし、
あ、Kindle本もあれこれ出すつもりでおります。
そうこうしてるうちにまた、
【稀人舎通信】的なものを作りたくなるかもしれないしね。

まずは、11月4日の文学フリマ、
よろしくお願いいたします。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック