稀人書坊20131008

ここんとこ、店舗の賃貸料だけ払って、
ずーっとログインもせずにほったらかしていた、
セカンドライフのお店に、
新刊本を並べてみました。
Kindleで出している、漫画「プラグド」の、
9話から最終の11話までの3巻です。

ずーーーっと出さなきゃ出さなきゃと、
気になってたんだよね。
でも、なかなかインする時間が取れず、
そうこうしてるうちに、時間はあっても、
インワールドでものをいじったりするのが
ちょっと億劫になったりもして、
ぐずぐずしておったわけです。
本当に申し訳ない。

【稀人舎通信9号】の「稀人舎の軌跡」にも書いたように、
私は、セカンドライフ内で読めるインワールドブックのことも、
電子書籍のひとつと考えておりまして、
セカンドライフがもっと一般にも普及するんじゃないかと、
淡い期待をしておった頃には、
インワールドブックの可能性を〜!
とか叫んでおったものですが、
すっかり人が減ってしまったセカンドライフ……。
一方、KindleやKoboなどの専用端末で読む電子書籍は、
どうにかこうにかまわり出した感じがします。
それはそれでよかったと思ってるし、
Kindleのお手軽さは捨てがたいので、
私も出せるコンテンツがあれば、
Kindleで電子書籍を出していこうと思ってます。
ただ、遊び半分とはいえ、
自分が「おもしろそう!」と思って始めた、
セカンドライフでの本作り。
なんとなく、「売れないから」ってだけでやめてしまうのは、
もったいないというか、なんというか……。
なので、だらだらとですが、
もうしばらくは続けてみようかなと思っとります。

あ、セカンドライフってのは、これね。
ネット上の3Dバーチャル空間です。
アメリカの会社がやってて、
2007年ごろから日本でも話題になりました。
新聞や雑誌とかマスコミにも取り上げられたんですけど、
今じゃすっかり聞かなくなりましたなあ。
世間じゃもう終わったと思われているかもしれませんが、
まだまだちゃんと存在してます。(ネット上に)
ログインすれば、そこには自分のお店が。
そこで店番したり、他の誰かとおしゃべりしたり、
あれこれ物を作ったり……。
1日中そのバーチャルな世界で
すごしていたこともありました。
結構楽しかったんですよ。

しかし、私の場合は、
2009年の初めにジュリーにハマってからは、
ジュリーの動画を見たり曲を聴いたり、
ブロガーさんが上げてくださる情報のあれこれを
追っかけるのに忙しくて、
ログインの頻度が落ちていったのです。
で、なぜかそれと呼応するように、
世間でのセカンドライフの人気も落ちていったと……。
スマホやタブレットの普及が大きいんだと思いますけどね。
セカンドライフは3Dで物を表示してますから、
結構高性能のPCと高速な回線がないと、
操作するのがつらいんですよ。
スマホでセカンドライフにログインできるアプリもありますが、
あんまり実用的ではないようです。
そんなこんなのいろーんな要素が絡み合っての
人離れなんでしょうけど、
セカンドライフ内での私のお店【稀人書坊】は、
もうしばらくは、あの、クーロンシムに、
ひっそりとあり続けると思います。

あ、お店の場所はここです。↓
http://maps.secondlife.com/secondlife/kowloon/123/62/24
アカウントある方は、
よろしかったら遊びにきてくださいませ。
無料配布のアイテムもいくつか置いてあります。


しっかし、久しぶりのセカンドライフでの物作り。
(作るってほどじゃないけど)
基本的なことも忘れてて、
うーーんとえーーとーーってなりながら、
少しずつ思い出しながらやりました。
それはそれで新鮮な感じでよかったですけどね。
(負け惜しみ)

リハビリ兼ねて、お店の模様替えでもしようかなあとか
思ったり。
セカンドライフの中であれこれ物を作るのって、
工作ココロが刺激されるようで、いいんだよね。
ただ、一度ログインすると、
なかなかリアルワールドに戻ってこれなくなるのがなあ。
それで、今までまとまった時間が取れないーってんで、
長いこと放置してたんですよ。
細切れにインワールドで作業するように、
自分をコントロールできればいいんだけどさ。
それができりゃあねえ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック