上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ更新遅過ぎでコンレポにもなってませんが、
10月19日の大宮ジュリーライブ行ってきました。
私にとっては、これがツアーファイナル。
11月4日が東京での最後の渋公ですが、
その日は文学フリマですから、
今度こそ「チケットあるよ〜」と言っていただいても、
行けません行きません。

一番最後にご褒美というかなんというか、
9列という良席いただきまして、
双眼鏡なしでのジュリーのお顔、
ぽわ〜〜んと堪能してまいりました。

ぽわ〜〜〜〜ん

1週間以上経ってもまだぽわ〜〜んとか、もうね(笑)。
歌い終わった時のニコーとか、
歌詞間違えの時の照れ笑いとかとかとか。
あとね、会場のPAの関係か私の席からの聴こえ方のせいか、
なんだか、大宮ではブレスの音がよーく聴こえまして、
ああそんな耳元で囁かないで(照
ジュリーは目にかかるぐらいに髪が伸びていい感じ。
サイドは耳が半分隠れるぐらいの長さで、
見る角度によっては、
初期タイガースの頃のマッシュルームカットっぽかったりして、
18歳の頃のジュリーを思い出したりなんだり。(言い過ぎか
あとね、ジュリーがふかぶか〜とお辞儀をすると、
つむじが見えるわけですが、綺麗なつむじだなあと、
そんなところに感心したりしておりました。
どっかのMCで、ご自分の髪の毛のことを
「困ったも、しまったもない」と、かわいく言ってたそうですが、
本当に地肌が全然見えない銀髪のつむじを中心に、
天使の輪っかが光ってるんですよ。
ああ、美しい。(つむじが

しかしね、ライブを見るといっつも思うんですが、
最初にステージに登場した時の、あの髪型って……、
どうなんでしょうか……??
ジュリーが自分でセットしてるんだと思うんですが、
セットというよりブラシかクシで梳かしたぐらい?
ふつーに重力に従って頭蓋骨にかぶさってる感じというか、
前髪もヘタするとパカリンと真ん中分けになっとる。
いや…ブロウしろとかカーラー巻いとけなんてことは
もう言いませんが、もうちょっとそのー、
ヘアクリームかワックスでちょこっとカッコつけるぐらいは、
できないもんでしょうか?
だってねだってね、
歌ってて汗かいて、
そんでもって手で掻き上げたりするってーと、
これが俄然かっこよくなるんですよっっ!
横分けでちょっと持ち上がった位置から
ぱらりと前髪が額にかかって、
横は後ろに流れててですねー、
「6番目のユ・ウ・ウ・ツ」の頃の髪型ですわね。
あんな感じになってくるわけですよ。
汗でいい具合に艶も出てくるし。
あの、3曲目ぐらいになると出現するヘアスタイルを、
ワックスとか使って、最初っからセットしとくってのは
できないもんなのかなーといっつも思うんですけどね……。

想像するに、昔の「じゅりぃぃ〜〜〜」って頃のあの髪型って、
パーマかけてその都度ヘアメイクさんとかがブロウして、
ヘアスプレーで形をキープしたものだったと思うんですが、
あれって、ジュリー自身は嫌だったんじゃないですかね?
だって、テレビでしゃべってる昔の動画とかを見ると、
額や頬にかかる髪の毛をいっつも気にしてて、
でも、触る時は形を崩さないように、
ふわっとそうっと触ってるように見えるんですよ。
ほんとはぐしゃぐしゃーっとやって、
ガーッと掻き上げてしまいたいけど、
セットしてくれたヘアメイクさんから、
「髪の毛ぐしゃぐしゃにしないでくださいね」とか
「なるべく触らないようにしてね」とか言われてて、
そのためにかえって気になる〜〜というか、
そんなふうに見える。
つうか、私がそうで。
顔にかかる髪の毛とかもんのすごく気になって、
見た目いい具合にセットしても、
すぐ掻き上げちゃうんですよ。
なもんで、若ジュリーが髪の毛気にしてるの見ると、
「うわー、わかるわかる」
「その毛先が頬にかかってるのとか気になるよね〜」
と同情しちゃうんですよ。
ジュリーやってるのも大変だよね〜と(笑)。
だから、今のジュリーは、
そんな若い頃の、他人に飾り立てられて、
自分で自分の髪の毛さえも好きにできなかったような
重圧からも解放されて、
普段だってステージでだって、
自分が心地いいようにするんだもんねーということでの、
あの髪型なのかとは思うんですけどね。
まー、それはそれで
「よかったね、ジュリー(はぁと」
てなもんなんだけどさ。
でもさ〜なんというかさ〜……。
最初に出てきて、パッとスポットライトが当たる時ぐらい、
かっっっこいいい〜〜
ってなってて欲しいじゃありませんか。
ファンとしては。
そんなわけで、私はいつもライブのしょっぱなでは、
ドキドキワクワクええ〜そんな〜でもまあかわいいからいいか…
ほらだんだんかっこよくなってきたし〜

とかなんとか揺れ動く乙女心になっちゃってるんでございます。
ファンにあるまじき文句タラタラで、本当に申し訳ない。
でも、ファンだからこそ、
もしかしたらこのライブに来てるそんなにファンじゃない、
久しぶりにジュリーを見るわってな人にも、
「うわーやっぱかっこいいなー」って、
最初から思ってほしいじゃないですか。
んでもって、
「ね、ね、今のジュリーも最初から最後までかっこいいでしょ!」
って自慢したいじゃないですか。
……もはや親心というか、そんな気持ちですのよ。

でもまあ、あれか。
3曲目ぐらいからはかっこよくなるんだし、
ライブに来て、最初に出てきた時の髪型が微妙だったからつって、
即出ていく人なんて、そうそういないと思うから、
まあ、これでもいいのか?
歌ってるうちにだんだんかっこよくなって、
最後はぽわわ〜んてなって会場を後にするという、
ジュリーマジックにみんなかかればいいさ。
と、最後は
「どーせかっこよくなるんだからどーでもいいやー」
って結論で締めたいと思います(笑)。

髪型といえば、
下山さんは長いソバージュヘアだったのを、
ばっさり切っておかっぱ男子に。
おお、流行りもの。(そうか?
26日の新潟ライブを見た方のレポによれば、
ちょっとウエーブがかかったボブになってたということでしたが、
大宮では、サラッサラのおかっぱヘアに見えました。
小さい頭がますます小さく見えて、
それに、私の席がカズさん側で下山さんからはちと遠くて、
お顔までがはっきり見えなかったせいもあり(?)、
そのシルエットがなんか少年っぽくてですね、
なんともかわいかったんですよ。
ヘドバンするとおかっぱがサラッサラッてなって、
ライトを反射してキラキラしてさー。

カズさんは定番のふわふわヘアでしたが、
ライブの前後ともご一緒したじゅり友さんと、
「あの髪型は自分でセットしてるのか?」
「ステージ外でもああなのか? 普段はどうなのか?」
と話題になったんですが、どうなんですかね?
あ、カズさんといえば、
新曲の『Deep Love』と『Pray』のギター・ソロ、
ちょっと変わりましたか?
なんだか前に聴いたのよりも音が細かくというか、
フレーズが変わってるように聞こえたんですが、
どうなんでしょうか?
ま、私の素人耳のことですし、
席によってのスピーカーからの
聴こえ方の違いもあるんでしょうが、
なんだか、今回はすごーく繊細な音に聴こえました。
前は『Deep Love』のぬおぬお弾く様子が印象的でしたが、
今回は『Pray』での切なげなお顔にじーんと来ました。
カズさん席でしたから、
お顔がよく見えたってこともあったんですけどね。

と、まあ、
「お前は、ジュリーライブで髪型しか見てないんか?」
と言われてもしょうがない話でございますが、
そんな大宮ライブでございました。
大変に申し訳ない。

ソロツアーは、
来週の渋公と大阪フェスティバルホールを残すのみ。
それが終わるといよいよ次はザ・タイガース復活公演ですわね。
それに伴って、DVDやらコンサートパンフやらも発売ですし。
すでに予約してあるものは、11月中に続々と届くと思われるので、
お楽しみはまだまだこれからだーー!

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。