上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「第十八回文学フリマ」に申し込みました。
5月5日 東京流通センターでの開催です。

申し込みサークル多数の場合は抽選になるそうですけど、
今回はどうなんでしょうか。
前回までは抽選なしでしたけどね。

今回は、去年1年お休みした【稀人舎通信】を
復活させる予定です。

【稀人舎通信RETURNS(仮)

あまりにもベタなんで、誌名はまだ仮ですが。
なんか、このままいく悪寒……。
まあ、いいか。

前まで作っていた【稀人舎通信】と
なにが違うかと申しますと、
前までの【稀人舎通信】は、
来るもの拒まずで、同人のみんなが書いてきた原稿は、
ほぼそのまま全部載せていたんですよ。
ページ数の関係で文字数調整をしてもらったものはありますけどね。
内容的には、あまり編集の手が入ることはなかった。
それは、【稀人舎通信】が始まった当初は、
「稀人舎」の広報誌的な位置付けだったから。
どこかに引っ掛かって、とにかく手に取ってもらい、
「稀人舎」という存在を知ってもらえれば…。
そんな思いから、特集以外の内容の原稿でも、
同人が書いてくれたものをなんでも載せるという
総合誌的な方向でやってきました。
でも、10号まで号を重ねているうちに、
同人仲間と相談しながら作る特集記事のほうに、
重点が置かれるようになり、
後半はほとんど特集メインの本になっていきました。
そうなると、特集外の原稿があることで、
全体に散漫な印象になってしまった感は否めません。

そこで、1年間お休みしていろいろ考えた結果、
【稀人舎通信】は、特集だけの内容に絞って、
企画本として「RETURN」しようということになりました。
掲載する原稿も、特集のテーマに合わせて依頼したり、
もしかしたら編集から注文をつけたりもするかも。
なので、一昨年までの【稀人舎通信】は、
文学フリマ合わせの年2回の定期刊行としていましたが、
【RETURNS(仮)】は、やりたいテーマがある時に
制作し発行するという、不定期刊行物になるかと思います。
とはいえ、
来年春までの企画はすでになんとなくありますので、
半年に1冊ペースでは出るんじゃないかなあという気もします。
予定は未定ですが。

で、【稀人舎通信RETURNS(仮)】第一弾として、
今回作ろうとしているのは、

特集「腐女子」

2010年11月に発行した【稀人舎通信6号】
特集「腐女子という生き方」として、
腐女子文化を取り上げてから、早3年。
【稀人舎通信6号】は「腐女子とはなんぞや」という、
入門編、ガイドブックとしては、
今でも十分通用する内容じゃないかと思いますが、
この3年の間に、世の中の腐女子への認知度も変わり、
なにより、【稀人舎通信6号】の時に、
「腐未満文系大人女子」と自らを名乗っていた、
私を含む同人達の意識が変わってきました。
今回はそのへんの変化のことを中心にした
特集になるのかなと思っております。

あと、もうすぐ劇場版タイバニ「The Rising」
公開されますのでね。
タイバニファンの昭和腐女子がまた、
それをネタに座談会やります。
【稀人舎通信10号】でやった「タイバニ座談会」
続編的な内容になるのか、
それとも全然違う内容になるのか……
それは座談会をやってみないとわかりません。
でもきっとおもしろいと思います。
ご期待ください。

他にもあれこれ企画を考え中。
こんなふうにぼや〜んと少しずつ企画が形になっていく
この感覚って久しぶりだなあ、なんて思いながら、
また楽しみながら【稀人舎通信】を作ろうと思います。
どうぞよろしくお願いします。





あ、夏コミも申し込みましたよ。
こっちはこっちでやっぱり楽しみつつ、
完全に趣味の本を作っていこうと思います。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。