いつまでも「あと4日!」とかいう記事が
トップにきてるのもなんなので、簡単に、
いつものレポになってないライブ感想です。

13日、ジュリーコンサートツアー初日に行ってきました!

楽しかったです!

お正月コンが、前半ずっとバラードで、
渋い構成だったので、
今年のツアーもまた新しい試みをするんじゃないかと、
不安と期待半々で臨みましたが、
いやいやいやいや……
いつも以上の\ジュリー!/でした。

以下、全然詳しくないですがネタバレ含みますので
一応ずずっと下に送りますね。





































いいですか?











いいですね?


まず1曲目が!!!
「そのキスが欲しい」でした!
もうね、イントロ鳴った途端、
ぎゃーーーーー!つって飛び上がりましたよ。
だってだって、私の大好きな「そのキス」なんですよっ!
会場内もいきなり総立ちでキャーキャーでした。

ジュリーのライブって、
みんな前からこんなキャーキャー言ったっけ?
なんか、去年あたりから変わってきた感じがします。
私がライブに行くようになったのは2009年からですが、
そのころは手拍子はあっても、
曲の途中でのかけ声や拍手はなかったような。
ジュリーが歌ってる間は静かに歌を聴くっていうのが、
マナーになってたような気がするんですが、
去年の後半ぐらいから?
んーと、去年のツアーの
「気になるお前」とか「愛まで待てない」とかで、
みんなハジケ出したような気がしますね。
(「気になるお前」は一昨年か? 記憶が……)
んでもって、ジュリーもそれを煽るようになってない?
いやもう、楽しい楽しい。
2曲目の「彼女はデリケート」では、
最後終わってから「デリケデリケ」つって、
コールアンドレスポンスさせるし。
息を整えてたらしいですが(笑)。

その後、「憎みきれないろくでなし」「追憶」と
ヒット曲も織り交ぜつつ(省略すまん)10曲ぐらい?
あ、「追憶」のアレンジがちょっと変わってて、
なんかこう、重たい感じだったような。
昔の美麗ジュリーの歌う「追憶」は
ひたすら耽美で壊れやすいガラスの世界って感じでしたが、
今回のはなんというか、ゴシックロマン系というか(?)、
まあ、耽美には違いないんですが、
昔に比べて壊れにくい感じがしましたね(謎)。
好きです。

「我が窮状」もありましたね。
ああ、これは歌うよなあと思いました。
思いっきり時事ネタだもんね。
で、これの会場の反応がね、今までと違ってて、
本当によかったと思いました。
今まではどうしても反応薄めだったと思うんですが、
今回はみんな「うんうんうんうん」て感じで聴いてたし、
曲途中の拍手も多かったです。

んでもって、新曲4曲プラス「F.A.P.P」。
このへんのことに関してはちょっと別立てで語ろうかなあ。
とりあえず、一言。

よかったです!

もうね、ジュリーはずっとこれやったらいいよと、
そう思いました。
私は付いていきますよ。
あ、そうそう、曲順がアルバムと違ってて、
最初に「東京五輪ありがとう」が来て、次に「一握り人の罪」で、
あとの2曲が結構重いので大丈夫かなと思ったんですが、
3曲目に「櫻舗道」、4曲目に「三年想いよ」で、
この構成はいいなあと思いました。
あ、「櫻舗道」の最後の「♪爛漫ざくら〜ぁ〜あぁ」ってとこ、
「ぁ〜、あぁ〜」って途中がちょっと途切れるとこが
エロかったです。邪な心で聴いててすみませんすみません。
4曲目の「三年想いよ」の最後、
前に向かって走るようなパフォーマンスをしてて、
どうしても前に進まなきゃいけないよね、
ということを言ってるんだろうなあとか、勝手に解釈。
んで、最後に「F.A.P.P.」で、
言いたいこと言い切りました!って感じでした。

で、休憩かと思ったら、間髪入れず「世紀の片恋」だし。
そこから
「危険なふたり」「ダーリング」「ポラロイドガール」やら、
「マンジャーレカンターレアモーレ」やら、
ノンストップで21曲(だっけ?)。
あ、「いくつかの場面」では、
最後の自分抱きやって、その後後ろ向いて、
誰かとちゅーしてるパフォーマンスやってましたね。
誰と?(笑)
うはー!とか、うぎゃーー!とか言ってるうちに、
ジュリーと鉄人バンドさんたちは一旦ハケて、
お着替えしたジュリーが出てきて漫談ショー(違)。
ま、これも詳しいことは他のブログさんのレポを
見ていただくとして(すまぬ)、
わたくし的にハイライトだったのは、
イヤモニやコロガシモニターの話をしてて、
「PYGのころもね〜」と言い出し、
なに!?と前のめりになって聞いていたら、
「タカユキさんやサリーの…」と名前を出して、
え? え? もうひとり肝心な人は?
と身悶えしてたら、

「ハギワラさんとかね」って……

「ハギワラさん」「ハギワラさん」「ハギワラさん」……
(エコー)

なんですか、その照れが入ったような、
普段言わない呼び方はっ!!
てなわけで、MCに関してはそれに全部持ってかれたんで、
他の部分は正直あんまり覚えていませんすみません。

で、アンコール3曲。
「ストリッパー」
「勝手にしやがれ」
「ヤマトより愛をこめて」
という王道ヒット曲で締めてくれました。
帽子かぶった「ストリッパー」が超かっこよくてですね。

あ、衣装は最初のもアンコールのも、帽子付きでした。
最初のは黒、2着目のは生成りっぽいやつ。
ボルサリーノってやつですかね?(詳しくない)
これがもうかっこいいのなんのって。
やっぱ帽子似合うわ〜いいわ〜〜。
「勝手にしやがれ」では帽子投げるか?と思ったけど、
投げる真似だけでした。残念。
でも、「勝手に」を歌う前に、
目が隠れるぐらい帽子を深く被って、
ジャケットのボタン外して、腕組みして、
マイクスタンドの向こうで仁王立ちになったのは、
もうもうもうほんっとーーにかっこよかったですよ。
しかも、それだけで、
「あ、勝手にしやがれだな」ってわかるっていうね。
年季入ってます。

で、最後は「ヤマト」だったんですが、
これ、すごいよく歌うよね。
しかも最後に歌うことが多いような。
ま、「今はさらばと言わせないでくれ」って、
ライブの最後にぴったりな歌詞でもあるんだけど、
私はこれを聴くとどうしても、
ジュリーの歌っていうよりも、
「宇宙戦艦ヤマト」の歌っていうふうになっちゃって、
古代君が白色彗星に突っ込んでいく、
あのラストシーンが思い出されて涙が……。
とか思いつつ聴いてたんですが、
はっと気付いたのが、
これは、アニメや漫画が大好きな、
眼鏡でデブで非常に残念な中高生時代を過ごした私に、
「それもあっての今だよ」
と、ジュリーが言ってくれてんじゃないかと。
……はいはいはい。
勝手な私だけの思い込みですが、
そう思えて、じーんとしておりました。
もう、これからはそう思って聴くことにします。

ありがとう、ジュリー!

と、まあ、簡単ですが、自分のためのメモを兼ねての、
私の初日レポでございました。
セトリやMCとか、思い出したことがあったら、
また書くかもしれません。

あ、角刈りからどれぐらい伸びたか
気になりまくりだった髪の毛は、
還暦ドームの時よりもちょい短いぐらい?
全然アリでしたね。かっこよかったです。
前髪はもうちょっと長いほうが好きですが、
サイドはあれぐらい短いほうが、
かっこいいなあと思いました。
お顔がすっきり見える。
っていうか、お顔は結構しゅっとしてました。
顎がちゃんとあった(そこか?)。
でも、腹は、まあ、いつもどおりでしたがね。
もうそれはどうでもいいや。
かっこよかったからね。

今月はあと2回もジュリーライブに行っちゃいます。
去年はライブは控え目にするとか言ってて、
結局なんだかんだで5回も行っちゃいましたからね。
もういいです。
行けるとこには行こうと、そう思ってる次第でございます。
これから11月まで、お楽しみは続きます。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
やっぱり萌えます。ジュリーネタありがとうございます。このライブ記事読ませていただいたら、現在北米在住なのですが、どーしても行きたくなっちゃいました‼ 往年の片鱗を見せてくれるおじいちゃんロッカーのジュリーに会えるなら、帰国します!
背中を押してくださってありがとうございます! きゃー。だれも押してないしー。
2014/08/09(Sat) 16:10 | URL  | 2回目コメ #-[ 編集]
2回目コメ(1回目はいつのだろう?)さま、こんにちはー
背中を押してしまったのですね。きゃー。
しかし、私のこんな簡単なコンレポで背中を押されてしまうということは、とっくに足を踏み出されていたのでは?
ぜひぜひ今のジュリーに会いに海を渡ってきてくださいー。
往年の…というよりも、年を取ってますますロッカーなジュリーですよ。鉄人バンドも最強ですしね。
2014/08/09(Sat) 20:24 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック