こないだの日曜日、
川口晴美さんと芦田みゆきさんが
うちの仕事場に来てくれて、3人で、
紙版「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら」
制作作業をしました。
プリントアウトは前日までに終えておいたのだけど、
紙をちぎって折って貼って重ねて止めて……
朝から夕方までおしゃべりしながら作業して、
50部(厳密には49部)完成しましたよ。

紙版「双花町」完成
※画像をクリックすると拡大します。

中身はこんな↓

紙版「双花町」中ページ 紙版「双花町」手紙
※画像をクリックすると拡大します。

メンバー3人(芦田みゆき、川口晴美、小宮山裕)の
頭文字から作ったロゴマークをシールにして、
袋の上から貼ってみたりもしました。

紙版「双花町」シール

おお、なんだか、かっこいい。

これを作るに至った経緯や制作過程のことは、
FBのノートに長々と書きました。

紙の本を作るということ
紙の本を作るということ・その2

この手作り本は、20部をZin!Zin!Zine!という展示会で、
委託販売します。
残りの30部は11月24日の文学フリマに持っていきます。

【稀人舎】Fホール(2階)キ-17

価格は900円です。

Zin!Zin!Zine!は、11月16日から30日までと、
2週間やってますから、
買いに行きたいけど、どうしても文フリにはいけないのよ〜
ってな方はZin!Zin!Zine!で買えますよ。
場所は原宿です。

紙版「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら」
文フリWebカタログはこちら

「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら」は、
現在Kindleでvol.2まで発行しています。

 

2〜3ヶ月に1冊ぐらいのペースでvol.6で完結の予定です。
発行日やその他、イベント参加などの情報は、
Facebookページ「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら」で、
随時発信中です。
要チェック!


文学フリマには、
これの他に【稀人舎通信】のバックナンバーと、
現在制作中の冊子をもうひとつ販売予定です。
そちらは詳細わかり次第お知らせしまっす。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック