昨日、11月24日は第十九回文学フリマでした。
お天気もよく、この時期にしては暖かい一日で、
たくさんの方が来場してくださいました。

【稀人舎】のブースにお立ち寄りくださった方、
お買い上げくださった方、
本当にありがとうございました。

売れ行きは

新刊
「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら
 paper version」15部
「おいしい時間 vol.1」8部

既刊
「稀人舎通信改・1号」11部
「稀人舎通信SPECIAL 10号」5部
「稀人舎通信SPECIAL 9号」1部

う〜〜ん……、
まあ期待していたほどではなかったけれども、
全然ダメだったというわけでもなく、
総合的に見れば、可もなく不可もなしって感じでしょうか。

既刊本に関しては、
【稀人舎通信】のバックナンバーは、
文学フリマに来てくださって、
【稀人舎】に興味を持ってくださる方は、
さすがにもうみんなお買い上げくださっているのね、
ということですかね。

というかですね、
「稀人舎通信の新刊はないんですか?」
と言ってくださった方がちらほらいらっしゃいまして、
あれ? 期待されてる? と、
ちょっと嬉しかったです。
なので、次回はまた【稀人舎通信】を作ろうかねえ、
なんてなことを打ち上げの席で話したりもしました。
企画もいくつかありますので、ぼちぼち詰めていきます。

今回の新刊ふたつに関しては、
川口晴美さんと芦田みゆきさんと私のコラボ本と、
山口けいさんの個人誌で、どちらも手作り。
「双花町〜」のほうは、数種類の紙を使って、
いろいろな工夫をして作ったものですし、
「おいしい時間」も、
写真をなるべくきれいにプリントできるように調整し、
本文の紙の手触りにもこだわりました。
どちらもそれぞれに思い入れのある本になりましたし、
なにより、【稀人舎通信】を数年作ってきて培った人脈から
生まれた本であり、
それを【稀人舎】のブースに並べることができたのは、
【稀人舎】代表の私としてはとても嬉しいことでした。

【稀人舎通信】という、テーマを決め、同人を集めて、
座談会を開き、原稿を依頼して作る、同人誌形式の本も、
楽しかったのですが、
その活動が一段落して、次になにをやりたいかと考えた時に、
ぼんやりと思っていたのは、こういうことだったんですよ。
気心の知れた仲間が「作りたい」と思う本を、
それぞれに作り、それを【稀人舎】という場所で売る。
できればデザインは私にやらせてもらえれば、なおよし。
それぞれの個性が出た、さまざまな形式の本を
【稀人舎】に並べられたらいいなあと思っていたのです。

今回、その野望が少しですが叶ったので、
その点では私は満足だったのですが、
文学フリマは同人誌即売会ですからね。
やっぱり売れれば嬉しいしテンションも上がる。
次もがんばろうって気にもなる。
あんまり売れないとしょんぼりするし、
今回と同じことはやってもダメだなって気になって、
続ける意欲がどうしても削がれる……。
なので、やっぱり「売れる」ということも大事なのだなあと、
まあ、あたりまえのことですが、しみじみ思いました。

なので、次は売れる【稀人舎通信】を作ろうかと思います。
どうぞよろしくお願いします。


おっと、ところで、
「双花町についてあなたが知り得るいくつかのことがら
paper version」は、ZINTEN3という展示会で、
今週いっぱい販売しています。
場所は原宿。
文学フリマには行けなかったけど、
「双花町」の紙版は欲しいという方はぜひ原宿で!

原宿にも行けないのよ〜という方は、通販も承ります。
現在、私の手元にあるのが4部なので、早い者勝ちですが、
「欲しい」という方は、このブログのコメント欄の、
「管理者にだけ表示を許可」にチェックを付けて、
メールアドレスをお知らせください。
申し込み方法をお知らせいたします。




関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック