ご無沙汰しております。

11月の千秋楽ショックからこっち、
ちょっとジュリーから離れてみようなんつって、
ジュリーの曲も聴かず、落書きもせず、
妄想も(あんまり)せずに過ごしておりましたが、

つらいっすねーー!

なんもやる気が起きない。
ジュリ友さまたちに、直接だったりメールでだったり、
このブログのコメントでだったり、ツイッターだったりで、
さまざまになぐさめ、元気づけていただき、
徐々に立ち直りつつあります。
みなさま、本当にありがとうございます。
心配かけてすみません。
ジュリーのファンをやめるという選択肢はとりあえずないので、
この先どういうふうなファンでいたらいいのかなーと、
自分を見失っていたといいましょうか、
そんな約1ヶ月でした。
12月に入ってからは、
ぼちぼちジュリーのアルバムを聴いたり、
Youtubeで子虎ジュリーや若ジュリーを眺めたり、
ぼや〜〜っとリハビリ(笑)しております。
まー、ここんとこは、
考えてもしょうがねえなという心持ちになってきております。
お正月コンもチケット来ましたし、行きますよ。

年が明けたら「シングル曲で昭和女性史」も、
再開しようかなーどうしようかなーー……ってなところ。

あ、「シングル曲で昭和女性史」は、
「昭和女性史」じゃなくて、
「昭和の女性が背負わされていた女性像の変遷」
じゃないの?っていうご指摘を受け、
まさにそうだと思ったんですが、
長すぎるので、なんか考えます。






そんなこんなで、冬コミ新刊もどうするか、
自分でも全然わかんない状態だったんですよ。
っていうか、
そもそも、今回のコミケは、
私のやる気とは別の事情があって、
いつもどおりの新刊は無理そうではあったんで、
ここらで1回ぐらい
「新刊落としました」
ってのも常連っぽくていいんじゃ?
なんて思ったりもしてたんですよ。
(なんじゃそら)

しかし、12月に入ったあたりで、
ちょびっとやる気(妄想)が湧きまして、
だらだら書いたらひとつできたんで、
いつもよりもページ数少ないですが、
新刊出します。
200円ぐらいかなあ。

サンプルは【ピクシブ】で。
サンプル内には、R18な描写はほぼないんですが、
見たくない方が不用意に踏まないように、
R18指定にしてあります。
要するにそんな内容の本ってことです。ご注意を。


28日(日)東地区【メ-38a】
でお待ちしております。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック