上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジュリーのシングル曲をネタにして、
昭和の女性が負わされていた女性像を考えてみよう


という無謀なことをやっております。
どこまで続くかわかりませんが、
途切れ途切れにでもやっていこうかと思います。
カテゴリは【ジュリーの曲で考える昭和女性幻想】
できれば、最初から順番に読んでいただけると嬉しいです。




間が空いてしまっておりますが、
なんともかんとも、この曲については、
いいも悪いもないといいますか……。
だいたい、元はフランス語だし、
日本語の歌詞のほうは、
世界観も「あなた」の女性像も
「不倫三部作」と同じような気がしますしね。
なので、さらっとやろうかと思います。

これは言わずと知れた、
ジュリーのおフランスデビューシングル
「MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE」
の日本語盤です。
フランス盤のほうの意味は、
「世界の果てから僕はこの街にやってきたばかりで、
 なんにもわからないんだよ。
 だから、誰かこの街のことをいろいろ教えてほしい」
と、要するにナンパをかましている歌です。

と、ジュリーがライブのMCで解説してましたね。
ナンパ、なのか……(笑)。
フランス盤シングルのリリースは1975年1月。
26歳の美麗若ジュリーですよっ。
あんなのがピンクのスーツ着て、
舌っ足らずなフランス語で
「恋人よ、僕は世界の果てからやってきたんだよー」
なんちゃったらもう、フランスの姉様たちは
ノックダウンだったでしょうよっ!
「教える教える、なんでも教えるううう!」
てなもんじゃないですかねっ!?
イギリスでリリースされた「愛の逃亡者」とは違って、
これは、ジュリーのために作られた楽曲ですから、
ジュリーのかわいらしい美しい容貌と
(海外では日本人は若く見られるようですし)
日本という、当時はまだよく知られていない国から
はるばるやってきた男の子という特徴を
最大限に活かした歌詞ですよね。
フランス語がちゃんと聞き取れないと何度もダメ出しされて、
ジュリーは泣きながらレコーディングしたと言ってましたが、
その、ちょっと聞き取りづらい片言のフランス語も、
かわいい!萌え!って感じだったんじゃないですかね。
今、韓流スターにハマっている私の友人も
「日本語が下手なところがいいのよー」
って言ってましたよ。

一方日本語のほうの歌詞は、
最初にも書いたように、
だいたい「不倫三部作」の「僕」とキャラは同じような、
「あなた」と別れて悲しいよーってな内容です。
でも、「追憶」「白い部屋」の相手とは違って、
この「あなた」は生きてます。
「あなたを残し」ですから、
「あなた」は「僕」と一緒に巴里に来ることはできず、
日本に残ってるってことですよね。
まあ、たぶん夫の元にとどまってるんでしょうな。
「僕」は自分の愛に応えてくれない「あなた」に
見切りを付けて、遠い異国に傷心旅行にやってきた……
ってとこですかね。
しかし、
「あなたをなぜ残し ここへ来たのだろう」って、
自分の意志で巴里にやってきたようなのに、
「帰らぬあの日が 心に痛い」とかって、
「僕」はぐずぐず後悔しているようです。
でもま、「不倫三部作」の「僕」と同じキャラだとしたら、
ぐずぐずしてるのは通常運転でしょうか。
遠く離れた異国に来ても、
想うのは「あなた」のことばかり、
「僕」は「あなた」を忘れていないよ〜
ってことですね。
日本語の作詞は山上路夫さんですし、
そのあたりのイメージを継承してもいるんでしょうけど、
なによりこれは、
現実のジュリーとリンクしている歌詞なところが
うまいなあと思うんですよ。

このときのジュリーは実際にフランスに行って、
現地でレコーディングしたりテレビに出たりしてるわけで、
日本のファンにしてみれば、
ジュリーが海外でも認められるのは嬉しいけど、
でも、遠く離れていっちゃうのはいや〜!
ってなところでしょうか。
少なくとも制作側の大人たちは、
ファンたちはそう思うだろうなあと思ったんでしょう。
なので、その気持を汲むべく、日本語盤は、
「何を見てもあなた かんじるばかり」と、
「日本のみんなのことも忘れてないよー!」
という、フランス盤とは逆方向を向いた歌詞に
なってるんだと思います。
だって、フランス盤の歌詞を直訳したら、
ジュリーってば、
「僕はここで生きていくんだ」なんちゃって、
パリジェンヌとうまいことやりつつ、
前向きにフランスライフを楽しもうとしてる内容に
なっちゃうじゃないですか。
それじゃあ日本のファンはショックだろうてんで
作られた日本語の歌詞ですよね、きっと。

海外進出の夢を追いかけて巴里にやってきたけれど、
日本に残してきた「あなた」=ファンのことが
忘れられないんだ。
「僕」=ジュリーはまぶしい街(パリ)でひとりなんだ。
孤独だよ……

みたいなー。

そんなん言われたら日本のファンたちは
「私たちは日本でずっとジュリーのことを待ってるから!」
「ジュリーはひとりじゃないよ!」
ってなるじゃないですか。

でも、実際の当時のファンの姉様がたは、
案外冷静に「がんばってー」と
応援してたんじゃないかと思うんですけどね。
ジュリー自身も
「日本での宣伝のためというか、
 パブリシティのためであって、だから、
 むこうで仕事するというのが目的ではなかった」
とか、
「あくまでも日本で第一線で活躍していくということが
 大事だと思っていたし、
 (中略)
 日本を捨ててまで勝ち目のない賭けをやるつもりはなかった」
とか言ってて(「我が名はジュリー」より)、
あくまでも軸足は日本においているという意識だったようで、
そういうことはずっとジュリーを見守ってきたファンには
よくわかっていたでしょうから、
安心してフランスで活躍してるジュリーを
応援してたんじゃないかと思うんですが、
ほんとのとこはどうだったんでしょうか。>姉様がた?

しかしね、考えてみると、
この日本語バージョンの「巴里にひとり」ってのは、
ジュリー自身のフランスデビューシングル、
「MON AMOUR JE VIENS DU BOUT DU MONDE」
のカバーってことですよね。
1975年当時、海外でその国の言葉でリリースした曲を
自分自身が日本語でカバーして日本でリリースするとか、
そんなことをやってた日本人って他にいるんでしょうか?
私が知らないだけでいらっしゃるのかもしれませんが、
そんなにたくさんはいないと思います。
しかも、その原曲はフランスでシングルチャート4位ですよ。
ジュリーは「出会い頭」とか「物珍しさで」とか、
冷めた感じで言ってますが、
これってやっぱりすごいことですよね。

そんな伝説の中の登場人物のような人が、
40年経った今でもまだ元気に歌ってて、
毎年必ず1枚のアルバムをリリースし、
全国40ヶ所ものコンサートツアーやってるとか、
しかもそれを今さらのファンになった私が見にいって、
きゃーきゃー言ってるなんて、
ものすごーく不思議な感じがします。
私のほうが伝説に参加させてもらっちゃってる、みたいな。
ジュリーの昔の曲の歌詞を深読みして、
あれこれ好き勝手なことを言っている私ですが、
「でもこれって40年も昔のことだからなあ」
と思うと同時に、
「あれ? でもこれ歌ってた人を私はこないだ見たよ」
と軽く混乱します。
ジュリーの伝説はリアルタイムで今も進行中なんだなあと、
そういうことでございますね。

今回は特に昭和の女性像もなにもあったもんじゃないですが、
なにぶんにもフランスですからね。(謎
この曲に関してはここで終わりたいと思います。


で、裏なんですけどね……






ジュリーとパリといえば、加瀬さんですが、
どーも加瀬さんには萌えを感じない私……。
すみませんすみません。
パリの定宿ではいつも一緒の部屋だったとかで、
「でも一線は超えてませんよ」って
ジュリー自身が言ったのを私は聞きましたよっ!
この耳で! ええ〜!
そんなん言われたら、
「それは一線を超えたってことですねっ!」
裏読みするのが腐女子のマナーってなもんですが、
相手が加瀬さんだと思うと、どーもそうはいきません。
なぜだ。
ジュリーがパリで熱を出した時に看病してくれたという、
おいしいエピソードもあるのに。あるのに。
ものすごくいい方だと思うし、
ジュリーにとってもすごーく重要なポジションにいた、
仲良しの先輩なんだと思いますが、
「萌え」ではないんだよねえ残念。
なんかこう、加瀬さんは、
ジュリーを取り巻く「萌え」の外側にいて、
「まあ、あんまり無理するなよー」とか言いつつ、
見守ってるっていう、そんなイメージです、私にとっては。
限度を考えずに頑張りすぎる若ジュリーの状態を
ちゃーんと把握してくれて、
本当に無理そうな時は、
有無を言わさずストップかけてくれる、そんな存在。
ありがたや。
ワイルドワンズのメンバーの方々にも慕われてますよね。
みんなのお兄ちゃん、加瀬さん。
でも、「萌え」ではない残念(再度)。

で、どーしよーかなーと思ってたんですが、
この時期、日本に残してきたって言ったら、
サリーだよなあと思い付きました。
(フランスデビューの時は
 井上バンドは一緒に行ってないよね?)
1975年と言えば、サリーが井上バンドを辞めた年。
「巴里にひとり」のリリースが5月で、
サリーの井上バンドとしての最後のステージが、
6月のようですから、
ジュリーが日本とフランスを行ったり来たりしていたころ、
日本での井上バンド内では、サリーが辞めるのどうのという
話が進んでいたわけです(涙)。

サリーをひとり日本に残して、
なぜ僕はパリになんか来たんだろう。
サリーがバンドを辞めるとかって揉めてたけど、
どうなっただろう。
なにを見てもサリーのことを思い出す。
パリはあまりに美しい街だから、
ここをひとりで歩いていると、
日本でのごたごたが遠いできごとのように思えて、
余計に哀しみがこの胸を包む。
今は遠くにいるサリー、
ファニーズ、タイガース、PYG、ソロになってからも、
ずっと一緒にいたのに、もう帰らないあの日が心に痛い。
サリーがそばにいないまま、時は流れ過ぎる。
サリーが井上バンドを辞めてしまったら、
これからひとり、僕はどうなって行くんだろう。
フランスデビューしたり、
日本の賞レースで一等賞を取ったり、
そんな世界は、孤独な僕の心にはまぶしいだけなのに……。
ああ……。

一方そのころサリーは、
ジュリーのいない「白い部屋」で寂しさを噛み締めつつも、
井上バンドを辞めたら、ジュリーのコンサートを
客席でゆっくり観られるんだなあ、
なーんて結構楽しみにしていたり……。


はっ!
こう考えると、この「巴里にひとり」
前曲の「白い部屋」と対になってる曲とも考えられるのか!
今気付きました!
表の解釈では、単純に「あなた」は女で、
この歌の一人称はいつもの「僕」だと思い込んでいたんですが、
これは「あなた」が男のほうって解釈もアリかもしれません。
よく読んでみたら「僕」って一人称は出てきてないよ、うわー。
女は「白い部屋」に「僕」=「あなた」をひとり残して、
巴里にやってきたのだけど、
「何を見てもあなたかんじるばかり」で、
「白い部屋」
「むなしい広さうずめるものは あなたのほかにない」
なんつってた「僕」と同じ気持ちだったんだよと……。
そういうことなんですかね?

ほほー。
よかったじゃん。
……
いいんだけどさ、それで帰ったらまた、
毎朝コーヒーいれることになっちゃうよ。(まだ言ってる)

しかし、私が表の解釈で固定観念に囚われていたように、
旅に出るのは男で、女はそれを見送る、
もしくは帰りを待つ、みたいなパターンが、
歌謡曲には多いような気がします。
ジュリーの曲でも、後に出てくる「サムライ」がそうですね。
女が寝てる間に黙って出てっちゃう。
出ていくんなら、ちゃんと別れ話してから出ていけよ、
と思いますけど、
そうすると旅立ちが1日延びるらしく、
へー、そうですかー、てなもんですが、
このへんのことはまた「サムライ」の時にでも、
あれこれ考えようと思います。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。