準備に手間取って、ブログでの告知が前日のこんな時間に…

明日は「第二十二回文学フリマ東京」です。
【稀人舎】は、

タ-17〜18

で出店しております。

今回の新刊本は、
川口晴美さんのBL詩集「僕たちはおなかがすく。」

BL詩集_表紙

文学フリマWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/4823

以前に書いた自作の詩をBL変換して書き直し、
まとめたミニ詩集です。
本文48ページ、15篇の詩が収録されています。
萌えます。
ちなみに、表紙や中面に使っている写真は、
あざとくBLっぽく、私が撮りました。
モデルは息子です(笑)


もうひとつの新刊本は、
松本薬夏さんのミニ句集「夜の底ひの」

夜の底ひの_表紙

文学フリマのWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/4846

本文36ページ、94の俳句を収録しています。
表紙の絵柄は、松本薬夏さんからの
「有刺鉄線と少女のシルエット+ピンク」
というリクエストで、私がイラストを描いて作りました。
句集というと、もっと落ち着いた装丁かなと思っていたので、
そのリクエストにはちょっと驚きましたが、
かわいくできたと思います。
本の綴じ方も凝ってみました。
ぜひお手にとってみてください。
松本薬夏さんは残念ながら当日はいらっしゃいませんが、
【稀人舎】で委託販売という形で
販売させていただけることになりました。
限定20部。お急ぎください〜。


あとは、前回の文フリで発売した、
そらしといろさんのミニ詩集「palette」

palette表紙

文学フリマのWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/4186

この表紙の写真も、私が撮影したものです。

今回発売の『文学フリマガイドブック 2016年春』でも
ご紹介いただいてます。嬉しい。


前々回の文フリで発売した
川口晴美さんとそらしといろさんの合同誌
「詩は萌えているか!?」も持っていきます。

詩萌え表紙

文フリでのWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/3183

残部僅少です!


川口晴美さんの高見順賞受賞詩集
「Tiger is here.」もあります。



文フリ特別価格・消費税なしの2500円です。
川口さんもブースにいますので、
話しかけてもらえると喜びます。
詩のモチーフになったタイバニアダム・ランバートの話をすると、
もっと喜びます。


なんか最近は現代詩関連の本ばかりで、
そろそろ「詩歌」ジャンルに移動すべきかとも思うのですが、
でも、【稀人舎】は他にもいろいろ出しているのでね……


山口けいさんの【おいしい時間】は、
今回は新刊は見送り、
前回の「じゃがいも特集」を持っていきます。

おいしい時間3

文学フリマのWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/3196


それともうひとつ、
【稀人舎】が2006年に初めて
【稀人舎】名義で出版した単行本、
月澤黎さんの「未入籍別居婚」を、
特別価格500円で販売します。



文学フリマのWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/4954


あとは、いつもの【稀人舎通信】のバックナンバー
【稀人舎通信SPECIAL】は6〜8号
【稀人舎通信改】1号、2号
特に【稀人舎通信改2号】は、
まだいっぱいありますのでね。

2号表紙

「少女漫画」特集、おもしろいですよ。
昭和の少女漫画のデータベース的なものにもなってます。

文学フリマのWebカタログはこちら↓

https://c.bunfree.net/p/tokyo22/3171

また、この号には、
Twitterで去年から(いまだに)リツイートされまくっている
ツイートに部分が引用されている
川口晴美さんのエッセイ「女の子たちの突破口」が
全文掲載されているんですよ。
全文を読むともっと「ぐうわかる」です!


「アニポエ」他、無料配布の詩誌もあります。

ああ、今回も盛り沢山だ。
立ち読みだけでも楽しいと思いますので、
明日は、東京流通センター 第一展示場、

タ-17〜18【稀人舎】ブースへ!

お待ちしております。
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック