ジュリーのシングル曲をネタにして、
昭和の女性が負わされていた女性像を考えてみよう


という無謀なことをやっております。
どこまで続くかわかりませんが、
途切れ途切れにでもやっていこうかと思います。
カテゴリは【ジュリーの曲で考える昭和女性幻想】
できれば、最初から順番に読んでいただけると嬉しいです。




またしても間が空いてしまいました。
ジュリー作曲の「コバルトの季節の中で」でございます。
しかし、この曲はサクッと終わらせますよ。
(と、いつも言ってますが……)
だってね、
この歌詞の中の「あなた」ってのが、
どういう人なのかよくわからなくて、
「女性像を探る!」とかできません。
ええ。

この曲の作詞の小谷夏という名前は、
あのドラマ「悪魔のようなあいつ」の
プロデューサーにして、
ジュリー大好きな久世光彦さんの、
作詞家としてのペンネーム。
んでもって、この「コバルトの季節の中で」は、
ジュリーのいわゆる新幹線事件(ググッて!)の
謹慎明けすぐにリリースされたもの。
という知識があれば、
この歌詞の中の「あなた」は、
ジュリーとしか思えません。
っていうかね、
私はこのへんの知識がまだ薄かったころ、
この曲を聴いて、
なんだかよくわからない歌詞だなあと
思っておったんですよ。
なにか悲しんでる「あなた」を
この歌の主人公は慰めている……のか?
ぐらいのことしか伝わってこない。

で、今回この記事を書くにあたり、
いつものように歌詞カードをよーく読んでみたら…
「あなたを見失いたくないのです」
と言っている語り手と「あなた」の関係は?
以前は恋人だったけど、
今は別れてしまったふたり、とか?
もう恋人ではないけれど、
主人公のほうは未練があって、
「あなた」をずっと見ていて、
「見失いたくないのです」って……、
これは、

ストーカーじゃないかいっ!!?

と、一度思ったら、
もう、そうとしか思えなくなってしまって……、
つらい。

「今朝はなにも話しかけません」って、
実は話しかけられるような関係じゃないんじゃない?
とかね。
「なにか悲しいこと あったのでしょうか」
「風の日は きらいでしたね」
とか、さも「あなた」のことを
よく知っているかのように言ってますが、
「でしょうか」とか「でしたね」とか、
問いかける形になってるせいで、
なんかこう〜、
「あなた」の知らないところで得た情報でもって、
ああもあろこうもあろと勝手に推測してるような、
そんな感じがして、どーもキモチワルイ(すまぬ)。
これはなんでかって言ったら、
この主人公が「あなた」と実際に関わったシーンが
出てこないせいじゃないかと思うんですが、
違いますかね?
あんた、ほんとにこの人のこと直接知ってんの!?
と、問い質したくなります。

だいたい「髪型がかわりましたね」って、
のっけから、おっさん臭がするフレーズから始まってますが、
次には「何か悲しいことあったのでしょうか」なんつって、
「女の髪型が変わる=失恋」っていうイメージを想起させて、
だからなんだっつうんじゃああ!
って叫びたくなるんですよ。
別になんもなくても髪型ぐらい変えるし!
美容院行ったら「このスタイル似合うと思うよ〜」って
オススメされたからやってもらっただけだし!
それを「誰だって秋は独りですね」とか
同情されても困るし!!
仮にほんとに失恋したんだとしても、
あんたには関係ないしいいい!!!

さらに、
主語が行方不明な箇所が多くて、
「ひとりぼっちだった」のは誰?
「やさしさが好き」だったのは誰?
ってなってしまい、
全体に「あなた」を気遣っているように見せかけて、
実は自分のことを言ってんじゃないの?
って気にもなってきます。

というわけで、
歌詞をじっくり読めば読むほど、
この歌は、申し訳ないけど、
なんともキモチワルイとしか思えなくなってしまい、
そこに描かれた女性像を探る、とかもやりにくい。
しかしまあ、この主人公は、
これまでのジュリーのシングル曲の
「僕がこんなに愛してるのに!」
「どーしてあなたは応えてくれないいい!」
みたいな、
ぐいぐい行く恋する男じゃなく、
好きな女になにも求めず、
ただ見守るだけ〜という
優しい(ように見える)男ってことで、
そこが新しいと言えば新しい。
これまで男と女が出てきたらすぐに
恋だ愛だに突っ走ってたのが、
そうじゃない男女の関係もあるんだよってことで、
秋風の中、独りで立つ自立した女性の姿を
イメージすることができる……
かもしれない…………
かな??(歯切れ悪くてすんません)

そんな新しいちょっと大人な男女関係を描いての、
ジュリーの心機一転、再出発の
第一弾だったのかもしれません。
どっちかというと歌謡曲というよりも、
フォークソングっぽいというか、
ソロデビュー曲の「君をのせて」から間をすっ飛ばして、
その後のふたりって感じでしょうか。
あ、そう考えるとちょっと腑に落ちるかもしれない。

若かった「君をのせて」のころ、
肩をぶつけながら歩いていた対等な関係の「君」とは、
いつしか別の道を歩くことになったけど、
「僕」はずっと「君」……
いや、もう大人だから「あなた」だね、
「あなた」のことを見守っているんだよ。
話しかけはしないけど、
「僕」と関係のないところで、
「あなた」に悲しいことがあったのも、
忘れたいなにかがあることも、
ちゃんとわかってる。
「あなた」をこうして見守っていると、
共に歩いていたころの
「しあわせの手ざわりがいまとても懐かしく」
思い出されて、
僕たちふたりが別れなければならなかった
過去はつらいものだったけど、
人はきっと愛しあえるから、
あなたを見失わないでいたら、
またきっと僕たちは、
明日のこと話せるようになるよね。
だから、
「あなたを見失いたくないのです」

って………
うーーーん…
やっぱりストーカーチックだよなあ。

しかし、ここまでのキモチワルイ解釈は、
この歌詞の主人公を一般的な男性として考えているから
キモチワルイんであって、
これまでの曲解釈でも再三言ってるように、
これを歌ってるのはジュリーですからね。
28歳キラキラジュリーが
「あなたを見失いたくないのです」
とか言ってたら、
キモチワルイなんて誰も言いません。
「見失わないでーー!」って、
自分からジュリーの前に飛び出していく勢いですよ。
しかも、ジュリー作曲のメロディがなんとも爽やか。
軽快なイントロの後、優しげなジュリーの声で
「髪型がかわりましたね〜」
とか言われたら、
「うわー、髪型に気付いてくれるなんて、
 私のことちゃんと見てくれてるのね〜」
てなもんです。
んでもって、
サビに向かって駆け上がるようなメロディで、
高く晴れ渡ったコバルトの秋空の下、
ちょっと冷たい風に吹かれて佇み、
新たな一歩を踏み出そうとする、
やっぱり美しいジュリーが浮かんでくるっていう、
ジュリーマジックですよ。
ずるい。

まー、ジュリーの曲はそんなんばっかりですけどね。
特に次のシングル曲から始まる
阿久悠氏作詞のヒット曲の数々は、
これが歌ってるのがジュリーじゃなかったら、
グーでパンチのてんこ盛りです。
なので、次からの歌詞解釈は悪口多めかも…
阿久悠氏の歌詞が好きな方、すみませんすみません。
(今からあやまっとく)

ジュリーは今年のツアーのアンコールでも、
この曲を歌ってくれています。
今ジュリーが歌う「コバルト」は、
ストーカー臭はせず、ただただ爽やか、
に私には聴こえます。
ジュリーも歳を重ね、
若い頃よりずっと表現力が増している
ということもありますが、
それを受け取るこちら側も同じように年食ってるわけで、
ジュリーに甘〜く
「見失いたくないのです〜」なんて言われたからって、
「え!? 私を見ていてくれるの??」なんつって、
即座にぽわわ〜〜んとはならなかったりする。
今ジュリーが「忘れたいなにか」とか「過去」とかって歌うと、
「あ〜〜、いろんなことがあったんだろうなあ」
「私も平凡だけどそれなりにいろいろあったしなあ」
なんて、しみじみしたりね。
あ、ぽわわ〜〜んてなってもいいんですよ。
28歳のジュリーとその当時の自分に戻って聴いてもいいですし、
今ジュリーと思い出の中のジュリーと自分でもいい。
昔のヒット曲を今ジュリーが歌うときは、
来年デビュー50周年の、長ーいジュリーの歴史の、
どのシーンを思い浮かべながら聴くかは、
聴き手であるこちらの自由です。
年をとって、ジュリー自身も表現力も幅広く(身体ではなく!)、
多層的になっていて、
一方の聴き手の側の受け止め方も人生いろいろで、
ものすごく多様になっている。
なので、同じ曲でも聴く人それぞれ、
聴くときどきで違うイメージが湧いて、
それがすごく楽しい。
私が今ジュリーのライブに何度も足を運ぶのは、
そんな楽しみ方ができるからということもあります。
なので、ジュリーの最近のライブでは、
ヒット曲以外は90年代以降の曲が多めなんですが、
ヒット曲以外の70〜80年代の曲も
もうちょっとやってほしいなあと、
思ったりもしているんですよ。
90年代のバリバリロックもかっこよくていいんですが、
70年代のアルバム曲とか、
当時の音源の若ジュリーの甘ったるい声で聴くと
「なんじゃこりゃあ!?(すまぬ)」って曲も、
今ジュリーの深い声と歌唱力で聴いたら、
また違う聴き方ができるかもしれないですしね。


と、表の解釈はこんなところで。
結局長くなっちまったか?

んで、《裏》なんですが、

















この曲はもう裏も表もないっつうか、
冒頭にも書いたとおり、
この曲の作詞は、「あの」久世光彦塾長。
新聞沙汰の事件を起こして謹慎中のジュリーを想い、
そのジュリーへのメッセージとして、
この歌詞を書いたに違いありません。
というか、そう思って聴いたほうがしっくりくる、
そんな歌詞じゃないですかね?


髪型がかわりましたね。
長かった髪を切ってアフロヘアにしたり、
新しいキャラを打ち出そうとしたのか、
一時期髪型がコロコロ変わっていたけど、
またちょっと伸びた髪が秋風になびいて、
よく似合いますね。
「時の過ぎゆくままに」のヒットで、
ソロ歌手としても認められ、
アイドルのころとは違う人気も獲得して、
そうすると妬む人も出てくるし、
バッシングもされる。
そんな中でのあの事件は、
とても悲しいことだったけど、
コバルトブルーの秋空の下、
独り=ソロで立つ厳しさを、
君は今噛みしめているんだろう。
だから、今朝、テレビ局のエレベーターで
乗り合わせたときも話しかけませんでした。
(ほんとはドキドキして話しかけられなかっただけ)
ドラマ「悪魔のようなあいつ」の収録で
ずっと一緒だったときのしあわせの手ざわりが、
今とても懐かしく思い出される。
世間の噂や流行は、秋という季節のように
足早に過ぎて行くけど、
君はいつまでも「悪魔」の良のように輝いていてほしい。
僕はそんな君を見失わずに、ずっと見ていたいんだ。
だから、謹慎から早く戻ってきてー
このままテレビから消えてしまうなんてヤメテーー!

「風の日はきらい」と話してくれたことがあったね。
謹慎中の君は今ひとりで風の音を聞いているんだろうか。
忘れたい何かも、つらい過去も、
風に乗せて遠くへ飛ばしてしまったら、
また一緒に仕事ができるから、
次の仕事のことを話してみませんか?
僕にとっての君との仕事は愛しあうことと同じ。
僕らはまたきっと愛しあえるでしょう。
僕が作りたいように作った「悪魔」のことは
わかってくれる人が少なくて視聴率も悪くて
ひとりぼっちな気分だったけど、
そんな僕についてきてくれて、
良という難しい役を精一杯やってくれた
君のやさしさが好きでした。
だから、
君はこの先どうするか、
今絶え間なく揺れているんだろうけど、
君を見失いたくないのですーーー!
テレビに戻ってきてー!
謹慎なんていいから姿を表してーー!
見失いたくないーー!!!!
お願いいいいーーー!!!!



ということじゃないでしょうか。
相変わらず久世塾長、熱いですね。

んでもって、この曲の初披露の夜ヒットは、
塾長の指示で白い衣装で出たということなんですが、
DVDを見ると、歌い始めの階段を登るジュリーを
後ろからのアングルでカメラが追っていて、
白パンツに包まれたプリケツが堪能できます。
なんというサービスショット!
これも塾長の指示だったんでしょうか?
そうであっても驚きませんが、
そうじゃなかったとしたら、
カメラさんグッジョブ!でございます。
ごちそうさまです。もぐもぐ。


関連記事
コメント
この記事へのコメント
記事のupありがとうございます!楽しみに待ってました!

今回の記事も面白かったです!

>「髪型がかわりましたね」って、のっけから、おっさん臭がするフレーズ
で思わず吹き出しました。言われてみれば、そうだわ(笑)って。
「ジュリーマジック」って、いい言葉ですね~。ホントその通り、ジュリーが歌うこの歌って、そうであっても確かに爽やかにしか聞こえないもの。

 私的にはこの歌は、言葉遣いが印象的だなと思っていて。秋の何となくうら寂しい感じを「誰だって一人」とか、「やさしさの手触り」とか、曲全体よりも、そういう印象的なフレーズをちょっと口ずさんでみたくなったりします。

ただ、そうは言っても結局私もこの歌は、全く裏解釈の通りにしか聞こえないです。(また、裏解釈がすごく的を射ていて、小気味いいこと!スカッとします。)

待った甲斐のある、読み応えのある記事で嬉しかったです。次も楽しみにしています!
2016/09/14(Wed) 23:15 | URL  | mami #-[ 編集]
mamiさま、ありがとうございます!
お読みくださり、ありがとうございます。

ジュリーに限らず、「歌」というものは曲と歌詞が一緒になっているものですので、普通はこんな重箱の隅をつつくように歌詞の全体を見て解釈したりせず、メロディに乗っている歌詞をフレーズごとに追っていくんですよね。
そうやって聴くと、この曲は本当に「爽やか」な曲なんですよ。それにジュリーマジックが加わればもう、「おっさん臭」なんて誰も言いません。
このブログは「重箱の隅」シリーズということでご容赦ください。

次からはいよいよ阿久悠作詞シリーズ。また、重箱の隅をチクチクつついて解釈していくことと思います。
気長にお待ちくださいませ。
2016/09/15(Thu) 11:35 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
好きな歌です。
うわーい 久しぶりのジュリー記事。ありがとうございます。
コバルトは 私大好きな歌です。ツアーで歌ってるんですよね。私も是非聞きたい。
これは塾長の愛のメッセージですよねー・しかもジュリーったらそれに曲をつけてあげてたりして。もう どんだけTEASE な 人なんでしょう!!! でも本当に、この詩は曲によっちゃあかなり ねちっこいストーカーな曲になりそうですね。 それを 爽やかな歌に仕上げたジュリー。 素敵すぎるわん。
いよいよの 阿久悠シリーズ 気長に期待してます。
2016/09/17(Sat) 06:53 | URL  | nekorin #-[ 編集]
nekorinさま、こんにちは
わー、お好きな歌だったんですね。
それを、こんな「ストーカー解釈」にしてしまってすみません〜〜
でも、私もこれは大好きな歌で、歌詞をじっくり考えずに聴いてると、ただただ爽やかに「あなた」のことを見守っているようにしか聴こえないところが、ジュリー作曲のメロディのすごいところだと思います。
こんなふうに曲を付けてもらえて、塾長幸せだったでしょうね〜。うふふふふ

阿久悠シリーズはちょっと仕切り直さないと書けないような気がするので、またちょっと時間が空くかもしれません。気長にお待ちくださいー
2016/09/19(Mon) 22:28 | URL  | ゆう(管理人) #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック