こないだ書いた「第二十三回文学フリマ東京」で販売する
「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道」は、
表紙用のイラストも描き、
おまけのカードも作り、
印刷入稿の予約もして、
あとは、文字校正を直すだけ。
なんですが、この校正ってのが難しくて……。
なんど見ても直したいところが出てくる。

だいたい、著者、編集者、デザイナーと、
一人三役ですからね、
常に頭の中で三人が会議中な状態。つらい。

著者の私
「もうこんなもんでよくね?」
編集の私
「もう1回見ますよ」
著者の私
「ええー、めんどくさいなー」
編集の私
「ここはジュリーファンじゃないとわからないから
 注釈付けないと」
デザイナーの私
「ちょ、そこ増やすと溢れて奇数ページになるから
 どこかで減らすか、2ページ分増やすかして」
著者の私
「ええー、めんどくさいなー」
デザイナーの私
「カッコの形が統一されてないんだけど」
編集の私
「それは後で全部まとめて見ます」
著者の私
「ええー、めんどくさいなー」
とかとか……
なんならここに営業の私も加わって、
「お金ないから、これ以上ページは増やせません」
他の私たち「ええー」
とかさ。

やっぱり自分じゃない他の人に編集してもらわないと、
客観的に見ることができなくて、
ひとりよがりなものになっちゃうんですよね……。
そして、自分だけで作ってると、
どこがひとりよがりなのかわからないという。
しかし、今回は編集さんを頼む時間もお金もないので、
私ができる範囲で書き、編集し、デザインし、
私が出せる範囲のお金で作った本ということになります。
誤字脱字の文字校正だけは、
いつも丁寧なお仕事をされている山口さんに
お手伝いいただきました。ありがとうありがとう。
誤字脱字は、本当に書いた本人は気づけなかったりするんですよ。
不思議。
ま、文字ぎっしりで184ページもあるものなので、
どこかに誤字はある絶対ある。
そしてそれは刷り上がってから気づくお約束。

はあ〜、もうさっさと印刷屋さんに渡してしまいたい。
まあ、ぎりぎりまであちこち直すと思いますけどね。

しかーし、これにばかりかかずらわっているわけには
いかないのですよ。
今回の文フリでは、これの他に、
・BL小説本1冊
・写真集1冊
・エッセイ1冊(もしかしたら2冊)

と、3〜4冊の手作り本の新刊が出る予定です。

10月末までには続々と原稿が上がってくる予定なので、
そしたらデザイン、レイアウト、文字校正、製本作業を
しなければなりません。
それぞれに詳細が決まりましたら、また告知いたします。

【稀人舎】ブースはまた
販売アイテムぎっしりということになりそうですが、
2ブース取りましたからね。
あれこれと立ち読みするだけでも楽しいと思います。

よろしくお願いいたします!
 
 
関連記事
コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2016/10/29(Sat) 04:45 |   |  #[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック