上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日はコミケで楽しく過ごしてまいりました。
今回は初めて我がサークルにお立ち寄りくださった方が多かったようで、
あれこれ立ち読みし、私たちの説明を聞きつつ、
買ってくださったり買わずに立ち去ったり…。
そんな状況だったので、
やはり、既刊本は「お試し」的にあったほうがよさそうで、
持っていってよかったです。

あと、数冊だけ持っていった
「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道1971〜1976」
は、ほぼ完売。
開場してた時間中、まんべんなくぽつぽつと売れてゆき、
最後の1冊が売れたあとは、
お客さんもあんまり来ない…というちょうど良さでした。

これで、ほんとに
「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道1971〜1976」
の紙バージョンは完売です。
あとは、年明けにお渡しする約束になっている予約分を残すのみ。
もともと印刷したのが少部数だったとはいえ、
発売からほんの1ヶ月でこんな状態になるとは、
嬉しいやら(もっと刷っていればと)悔しいやら…

お買い上げくださったみなさま、
本当にありがとうございました!


もし、
「欲しかったのに書いそびれた」
「えー、読んでみたい」
と言ってくださる方がいらっしゃいましたら、
電子書籍のKindleで販売中ですので、
ぜひ、そちらでお読みいただければと思います。



Kindle本は、Amazonで売ってる
専用の端末がないと読めないと思っている方が
いらっしゃるようですが、
そんなことはありません!

Amazonが無料で提供しているアプリを入れれば、
今お使いのスマホ、タブレット、PC(Macでも)、
どれでも読むことができます。
上のAmazonのリンク先の左側にある、

「どこでも読書を始めよう」

と青い文字で書かれたボタンから、
ご自分が持っているスマホやタブレットに合うアプリを
ダウンロードしてインストールしてみてください。

アプリ自体は無料です!!

購入したKindle本を自分が登録した
スマホやタブレットに配信して読むことができます。
ぜひお試しください。

紙の本は、今のところ増刷の予定はありません。
ご要望がものすごくいっぱいあったり(数百単位で)、
私が急にお金持ちになったりしたら……
(いやいやないない)

というわけなので、
Kindle版、よろしくお願いいたします。


「ジュリーの曲で考える昭和女性幻想」も、
次は「さよならをいう気もない」。
いよいよ阿久悠作詞時代に突入です。
阿久悠の歌詞はどーもやりにくいなーと思いつつ、
じりじり書き進めております。
年明け早めにはアップしたいなと思っております。
来年はなるべくサクサク記事を書いて、
できれば、年末には、第二弾、
「ジュリーのシングル曲でたどる昭和女のイバラ道1977〜」
を発行したいと思ってますが、予定は未定です。
気長にお待ちくださいませ。

と、来年の抱負のようなものを言いつつ、
みなさま、良いお年を。

関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。