父の本の販売サイトをリニューアルして、
商品(本)の写真を新しく掲載したわけだが、

結構きれいに撮れたのよ。見るだけでも見てみてみて

この本の装丁って、帯がないと間抜けだなあ…

装丁したのは私なんだけどさ。
そして、いろんな事情から
帯は付けずに売ろうと決断したのも私だけどさ。

まあ、後から作った帯に、
藤沢周平氏の名前を使っていたことが問題だってのは、
わかったので、それを付けないのはいいんだけど、
帯がないとどうも間抜けなこの表紙のデザイン。

だったら、最初から付いていた帯に戻せばいいじゃん

てことなんだけども。
しかしね……
最初に父が本の印刷と一緒に作った帯……
これがね~~

「えしぇこぎぶしゃれこぎのもんじゃくたねえこと」

ですよっっ

なに言ってんのか分かりますかっっっ??皆さん!!

庄内弁なんだけどもさー
こんな言葉を普通に日常会話の中で、今使っている人がいたら、

その人とは言葉が通じないと思います。まじで。

こんな帯付けといてさ、
「庄内以外のところでも売ってくれ。売れるんじゃないか」
ってなあ………

なに夢見てんだよクソ親父っっっ!!!!!!

はぁはぁ 血圧が上がりそうです。
でも、私は低血圧だからちょうどいいか。<んなわけあるかーーーっっ

まあね、リアル書店には置いてもらえないのは確定っぽいから、
それならば、帯は絶対必要というわけじゃないのでいいんだけどね。
ネットで売るなら、帯の役割をするものは他にあるわけだから。


ところで、

「えしぇこぎぶしゃれこぎのもんじゃくたねえこと」

って、私、まじで意味がよく分からないんですが、
意訳すると、

「ほら吹き話し下手のしょうむないこと」

ってくらいの意味なんじゃなかろうかとは見当はつけてんですけどね。
よく分かりません。
父に聞いても、ちゃんと教えてくれないし。(なぜだっっ??)

誰か、分かる人、いませんかーー
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック